クライアントインタビュー

企業出版(ブランディング出版):HOME > クライアントインタビュー > 医療法人かもめクリニック

医療法人かもめクリニック

第三者視点を取り入れ、新しい治療法の訴求に成功。
治療に抵抗のある患者への説明ツールとして活躍!

医療法人かもめクリニック
書籍 『希望の透析』
クライアント 医療法人かもめクリニック

ご担当者 理事長 金田 浩氏

医療法人かもめクリニック理事長。1962年3月山口県立医科大学卒業。長時間透析研究会会長。
99%の医師が「食事制限と投薬」を勧めるなか、日本で唯一「食事制限なし、薬に頼らない」透析治療を行う。透析患者も、健常者と同じようにQOL(生活の質)の向上を求めることを提案している。

出版前の状況

私が長年透析治療に従事してたどり着いたのは、これまでの常識を覆す“食事制限なし”“薬なし”、さらに今までの治療時間の倍である8時間をかけて行う“長時間透析治療”という、ほとんどの医師が挑戦を避ける治療法でした。
かねてからこの長時間透析について、もっと若い医師にも参加して欲しいと考えていました。しかし、この治療法はまだまだ知られていないことが多く、何のために長時間やるのか、医師の考え、病院の考えもばらばらです。
長時間透析を正しく広めるため、私はこれまで4冊の医学専門書を出版して情報発信をしてきましたが、期待していた効果はなく、同じ医師に向けた情報発信がいかに難しいか、痛感していました。

そこへ、医師に向けた情報発信が難しいのならば、まず病院に通う患者に向けて、分かり易い書籍を出版する方法があるではと提案を受けました。患者のため、そして、将来を担う若い医師のため、自分の思っていることを形にし、一石を投じる必要を感じており、今回の出版を決意しました。

出版後の効果

まず嬉しかったことは、長時間透析に抵抗を感じていた患者が、今回の書籍を読み、「治療方針に納得ができた」と言ってくれたことです。難しい言葉ばかりを並べて背景を丁寧に説明することもなく、具体的なエビデンスを示すこともせず、上から目線で言う医者の言うことに、患者は納得しません。今回の書籍には、これまでの医学専門書では書くことのできなかった事実や、患者と若い医師への私の想いも含め、長時間透析への私の考えの全てを込めることができました。かつ、全体像をいかに分かりやすく伝えるかをポイントにしていましたので、「分かりやすかった」という反響を多くいただいていることに満足しています。

また、今回の書籍は、第三者の視点を取り入れた点もポイントでした。医師から医師へ、医師から患者へ伝えたいことはたくさんありますが、直接医師から発信し、納得させることは簡単ではありません。何が絶対的に正しい、ということではなく、長時間透析の事実を第三者から客観的に訴求できたことは良かったと思っています。

出版を検討している企業へのメッセージ

医学専門書では伝えることのできない事実や医師の考えを患者に届けることは、とても重要なことだと考えています。

食事を摂って、長時間透析を行なうということは、まだ他の誰も言っていません。新しい理論は、何が正しく、何が間違っているのか、十分なデータから実証され、認められるまで、仮説と事実を積み重ねていくほかないのです。
長時間透析が根付くよう、今後これに続く書籍が世に出てくることを願っています。

事例情報

希望の透析

  • クライアント:医療法人かもめクリニック
  • 著者:池野佐知子
詳細はこちら

関連インタビュー

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼