コラム

テストマーケティングとは?手法や効果について

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

新たに事業を行う際や新サービスを提供することになった場合、ぜひ検討してほしいのが「テストマーケティング」です。いきなり新たな試みを本格的にスタートさせてしまうと、思わぬ失敗や予想外の問題が発生するなどのリスクがあるため、本格的なスタートの前に「テストマーケティング」の実行をおすすめします。

テストマーケティングとは?

テストマーケティングとは、サービスや商品を展開する前に一部の地域で試験的に展開・販売をしてみる、というマーケティング手法です。本格的に全国に展開させる前に実践することで、今後発生するリスクを大幅に低下させることができるのです。

そのため、新たな事業や新サービスなどを展開させる前に、テストマーケティングを行っている企業や事業主は少なくありません。

テストマーケティングの手法

具体的なテストマーケティングの手法について見ていきましょう。

モニター調査

一般的なテストマーケティングのひとつが「モニター調査」です。

「サンプル」として、各家庭で使用してもらったり、サービスを受けてもらったりして、それぞれの体験者から評価をもらいます。精度の高い評価を得られるのがメリットです。

特定のエリアでサービスや商品の提供

限られた地域の中でサービスや商品を販売します。

実際に全国に展開させる状況と同じ状況で行う必要があり、「商品PR」「広告の出稿」なども必要です。コストが発生するのが難点ですが、精度の高い調査が可能です。

シミュレーション

詳しい内容は企業によって異なりますが、一般的には試作品を模擬店舗で提供し、その後再購入するかどうかを観察することが多いです。調査対象が限られてしまうものの、時間やコストが抑えやすいのが魅力です。

ヒアリング

調査対象者を会場に集め、商品についての評価をヒアリングします。対象者の集め方に制限はありませんが、告知や声掛けなどで集めることが多いようです。開発途中の商品や試作品などでもテストができるため、比較的実践しやすいテストマーケティングです。

テストマーケティングのメリット

テストマーケティングの導入にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

リスクの軽減

まず、大きなメリットといえるのが「リスクの軽減」です。

「思っていたよりも売れない」「反響がない」など、せっかく商品やサービスを展開しても収益につながらない可能性は十分に考えられます。こうしたリスクを軽減するためにも、テストマーケティングを実践して、本当に全国に展開してうまくいくかを調査します。

販促計画の立案がしやすくなる

テストマーケティングを行いながら効果測定や市場調査などができるため、効率的な販促計画の立案につながります。さらに、商品の改良や広告内容、生産計画などが最適化しやすく、リスクの低い商品展開が実現しやすくなります。

ターゲットに効果的なアプローチがしやすくなる

テストマーケティングを通じて、正確なターゲットを把握することも可能です。これにより、明確になったターゲットに向けた販促活動を実現できるため、効果的なアプローチにつながります。キャッチコピーや商品デザイン、広告戦略など、ターゲットに効果的にアプローチできることはメリットといえるでしょう。



テストマーケティングは、今後のリスクを回避したり、効果的な戦略を立てるうえで重要なマーケティングです。ぜひ、新たな商品・サービス展開を検討している方は、今回ご紹介した「手法」や「メリット」などを参考にしながら、自社に合ったテストマーケティングを実践してみましょう。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら