• ホーム
  • コラム
  • インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングの違いは何?

コラム

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングの違いは何?

著者:GMCブランド戦略室
企業ブランディングコラム

自社をプロモーションする際に、どういった手法を想像しますか? 時代に即したやり方を用いないと、消費者やユーザーから避けられてしまう恐れがあります。

ここではマーケティング戦略で知っておきたい、インバウンド・アウトバウンドの特徴と違いを説明します。より効果的な宣伝方法を身につけて、自社の魅力をどんどん引き出していきましょう。

インバウンドマーケティングとは?

見込み顧客から見つけてもらうマーケティング施策が、インバウンドマーケティングです。過度な売り込みではなく、ユーザー側から主体的に選んでもらうという点が特徴です。ブログやソーシャルメディア、メルマガなどがインバウンドマーケティングに該当します。

アウトバウンドマーケティングとは?

一方、アウトバウンドマーケティングは、不特定多数の人に見てもらい、見込み顧客を増やすマーケティング施策です。特徴としては、企業主体のプッシュ型アプローチとなります。ダイレクトメールや電話営業、展示会、マスメディアへの掲載などが当てはまります。

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティングの違い

「インバウンド」と「アウトバウンド」について、簡単に説明しました。 次に、両者の特徴をみていきましょう。

インバウンドマーケティング

  • 低予算でできる
  • 短期間の成果を期待しにくい
  • コンテンツを将来の資産として活用できる
  • 長期的かつ継続性のある効果が生まれる

アウトバウンドマーケティング

  • コストがかかる
  • 短期間の成果を見込める場合がある
  • 認知度のないサービスや商品でも存在を知ってもらえる
  • 伝えたい情報を一方的に届ける

アウトバウンドは、一過性のプロモーションとなるケースが多いとされています。訪問販売や電話セールスなどにより、自社のことを全く知らない人にも商品・サービスをすぐに伝えられます。しかし、「一方通行の情報発信」との見方があり、ユーザーが情報を取捨選択する時代にそぐわないアプローチともいえるでしょう。いきなり興味のない商品を勧められても、抵抗を持つ人が増えているのが現状です。ダイレクトメールを各家庭に届けても、封を開けてもらえずに捨てられる可能性が大いにあるでしょう。

それよりも、見込み顧客に対して「価値あるコンテンツ」をWEB上で発信するほうが見てもらえるとわかってきました。それが、インバウンドマーケティングなのです。

インバウンドは「双方向の対話」とされており、ユーザーに愛されるマーケティングを目指していく手法です。ソーシャルメディアや動画、オンラインショッピングといったコンテンツによって、購買行動を促していきます。ユーザーの生活を遮らず、自社の情報が目に入ったとき、いかに魅力を感じてもらえるかがポイントとなります。

マイクスピーカーのように大勢に呼びかけるのか、磁石のように引き寄せるのか、アプローチによってプロモーションの効果が大きく変わってきます。

インバウンド・アウトバウンドの両方の手法を組み合わせよう

このように考えると、インバウンドの方に魅力に感じますが、コンテンツを育てるまでに時間がかかり、価値ある情報を提供し続けなければなりません。また、新規参入の事業がインバウンドだけを行っても、顧客を獲得できずに衰退してしまうリスクがあります。

そういった点を踏まえると、まずはアウトバウンドを利用して多くの方々に認知してもらう戦略が必要です。どちらかに固執せず、柔軟な姿勢で効果的なマーケティング手法を利用しましょう。

ちなみに現代では、およそ9割のユーザーがWebサイトで検討してから商品を購入するといわれています。またBtoBの場合、企業の6割がホームページをチェックしてから購買を検討します。ちょうど良い距離感で情報を届けるマーケティング戦略が、潜在的な顧客をキャッチするポイントとなるでしょう。

情報を通じてユーザーからの共感が得られれば、商品やサービス、さらには企業自体を応援してくれる人が増えていきます。また、情報提供には実際に手に取ってもらえる「書籍」もおすすめです。ユーザー自らが情報を求めているときに、自社のブランド本をWEB上で宣伝すれば反響も大きいでしょう。インバウンド・アウトバウンドをより上手く活用できる方法として知っておくと便利です。インバウンドマーケティングでは、ユーザーに不信感を与えないよう、自社の魅力を伝えていきましょう。

この記事をシェア
企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら