成功事例からみるブランド戦略

メーカーや製造業にとってブランディングが必要な理由とは?

製品を買ってもらえるように、イメージを分かりやすくつくり出すことは大切です。モノづくりの分野でも同様に、設計や技術に対してブランディングが必要といえます。

なぜメーカーや製造業にとってブランディングが必要なのか、その理由をみていきましょう。

なぜブランディングをすることが必要なのか?

ブランディングとは、ある製品に対してお客さまが持つイメージをつくり出すことです。 イメージが定着して有名になれば、多少価格が高くなっても選ばれますし、ブランディングの確立によってファンを増やし、そして口コミで広がっていきます。

大ヒット商品の人気が落ち着き始めたときでさえ、ブランディングによって安定するのが魅力です。長期的に見ても売り上げが向上していくため、どの企業でも積極的にブランディングを行いたいと考えています。メーカーや製造業にとっても同じで、会社関係者やユーザーに、自社の製品や技術を正確に伝えることが求められている時代なのです。

現在ではデジタルデバイスの多様化により、誰もが情報のアンテナを張りやすい環境とされています。 ビジネスにおいてもさまざまなシーンで競合他社と比較されやすくなり、ブランディングがあるほうが圧倒的に有利といえるでしょう。

メーカーがブランディングをすることで、得られるメリットとは?

ブランディングに成功しているメーカーや製造業は、自社の技術力を特定のテーマやキーワードに置き換えています。

例えば、「○○選手の強さを支えているのは、A社の独自技術である△△」となることで、クライアントからの声もかかりやすくなります。 メーカー名のブランディングに成功すれば、プロモーション活動や設計の際にとても便利です。お客さまのイメージを言語化できるメーカーは、製品の価格や販売数なども決めやすくなるといえます。

さらにブランディングイメージの確立により、目的が明確になって経営方針も定まってきます。短期・中期・長期の目標も立てやすく、社員の間で問題意識を共有できるようになるでしょう。

企業イメージをデザインするために必要なこととは

メーカーは消費者に対して直接製品を販売していくわけではないため、まだまだブランディングが重要視されていないのが現状です。

特に企業間取引を行うBtoB製造業では、製品の検討から販売までのプロセスが複雑であり、消費者とのつながりをイメージしにくいとされています。

もしこれからブランディングを行うのであれば、まずは企業の担当者を意識して、分かりにくい技術をより親しみの持てる表現で伝えましょう。技術力で他社との差別化を図るだけではなく、身近な相手から理解してもらいやすいイメージを与えることが大切です。

BtoB製造業ではニッチな技術や製品が多い傾向にあるため、専門的な用語を避けて、一つ一つ丁寧に説明しましょう。このときに自社のブランディングイメージが浮かばない場合は、クライアントやユーザーの声を参考にしてみてください。なぜ買ってもらえるのか、なぜ仕事を頼んでいただけているのか、その理由を知ることで企業イメージをデザインしやすくなります。

また、イメージをしているブランドに近い企業に話を聞いたり、ブランディングをサポートする業者に相談したりして、ブランドコンセプトを固めることも重要です。Web上で自社の製品や技術をイラスト形式で分かりやすく紹介して、資料を無料ダウンロードできるサービスもおすすめといえます。

製品だけではなく、技術やプロセスにおいてもブランディングを行う姿勢が今後とも求められます。 モノづくりの立場からでは見えてこない価値については、取引先の企業やユーザーから意見をもらいましょう。目的が明確で分かりやすいブランディングは、メーカーや製造業の企業発展にも大きく貢献します。

幻冬舎MC facebookページ

企業ブランディングに役立つ資料を無料でご提供いたします。

サービス案内

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

ご不明な点や企業出版のご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください!

03-5411-6440 平日9:30〜18:00
(年末年始・GW・夏季・冬季期間を除く)

無料お見積もり

お客さまの求める課題解決の内容によって、制作費用は異なります。まずはお気軽にご相談ください。