ターゲット層の読者が「読まずにはいられない」書籍構成とは? | 企業出版ダントツNo.1の幻冬舎メディアコンサルティング
  • ホーム
  • コラム
  • ターゲット層の読者が「読まずにはいられない」書籍構成とは?

コラム

ターゲット層の読者が「読まずにはいられない」書籍構成とは?

著者:GGO編集部
企業ブランディングコラム

本原稿は、WEBメディア「幻冬舎ゴールドオンライン」で配信(2021年2月12日付)された原稿を転載したものです。

企業が事業投資として書籍を出す「企業出版」は、集客・販促、採用、周年事業といった企業のさまざまな課題解決において大きな力を発揮します。本連載では、商業出版との違いなどの基本知識から、企業出版の実践(書籍マーケティング)で成功を収めるための具体的なノウハウまで、株式会社幻冬舎メディアコンサルティングで取締役を務める佐藤大記氏が詳しく解説します。

書籍の構成案にも「勝ちパターン」あり

幻冬舎メディアコンサルティングが手がける企業出版は、グループ会社の幻冬舎が1993年の創業以来、多くのベストセラー、ミリオンセラーを世に送り出す中で培ってきた「つくる」「知らしめる」「売る」という3つの強みを礎として、新しい出版モデルとして独自につくりあげたものです。

「つくる」とは、企画・編集力です。ミリオンセラー、ベストセラーを生み出す幻冬舎ならではの出版ノウハウを法人に当てはめることによって、企業の「伝えたい」想いを読者の「知りたい」内容に変換します。前回と前々回、「つくる」の具体的な内容として、弊社独自の「GTRS」と「TSO」という2つのスキームについて説明しました。今回は、書籍の「構成案」のつくり方について解説します。

書籍の構成案は極めて重要なものです。その良し悪しで、書籍を手に取った読者が最後まで読み通すか、途中でやめてしまうかが決まるからです。そして弊社では、書籍の構成案も「GTRS」と「TSO」という2つのスキームに基づいてつくっています。

書籍は、読者が先へ先へと読み進みたくなる構成になっていることが大切です。最初のほうのページで「つまらない」と思われてしまうと、それ以上はもう読んでもらえません。ですから私たちは、読者がページをめくらざるを得ないような構成を意識しています。このページをめくらせるための構成こそが、当社の「勝ちパターン」なのです。

構成にはいくつかのタイプがありますが、最もオーソドックスかつ鉄板ともいえるのが「起承転結」のスタイルです。まず「起」で問題提起を行い、「承」でその問題を深掘りして課題を整理、現状把握をします。そして「転」で問題の解決策を提示、「結」でまとめと展望を示します。

「問題提起」「現状把握」「解決策の提示」、そして…

ここではわかりやすく4章立ての書籍を例にしましょう。第1章の「問題提起」で、読者が置かれている環境やいま世の中で起きている社会問題などをバッサリと斬ります。医療、金融、教育、投資、ITなどさまざまな分野で問題を抱えている読者に対して、「だからあなたは行動しなければいけない」と訴えかけます。その上で、読者の耳の痛くなるようなことを述べながら、「確かにそのとおりだな」という危機感を、他人事ではなく自分事として抱かせます。

第2章は「現状把握」です。なぜそうした状況になっているのか問題を深掘りし、課題を整理します。読者は「なるほどそういうことだったのか」と問題の原因や背景を理解するとともに、「ではどうすればいいのか」と考えます。この第1章から第2章にかけて、読者はジェットコースターに乗ったようなスピード感で読み進める構成になっています。

第3章は「解決策の提示」です。ここでは、書籍の著者である企業や経営者の実績、ノウハウ、スキーム、ソリューションなどを詳述します。それらは読者の悩みを解消するための解決策であり、読者が自分と同じ事例だと共感できるようにいろいろな例を紹介します。読者は自分と同じ悩みを抱えている人がいて、そこには解決事例があることを知り、少し安心します。この解決策こそが、クライアントが伝えたいソリューションであり、売りたい商品やサービスなのです。読者からすると「目からうろこ」で、欲しかった解決策そのものです。こうして第3章では、読者は「どうすれば自分の悩みが解決するのか」がわかります。

最終的に「著者である企業にたどり着く」理由

最後の第4章は「まとめと展望」です。読者が具体的にどのように行動すればよいのかを示します。問題解決のためのソリューションを提供する企業の選び方や、信用できるパートナーの探し方などを解説します。その内容はあくまでも「一般論」として書かれていますが、実はきっちりとクライアントの情報が盛り込まれています。

するとどうなるでしょうか。たとえば、読者は書籍のアドバイスを参考にしながらネットで企業を探します。そして、書籍に書かれているチェックポイントを一つひとつ確認していきます。そうすると「A社はここが×」「B社はここが×」というようにマイナス点が見つかります。しかし、1社だけチェックポイントをすべて満たす企業が見つかります。それがほかでもない、書籍の著者である企業や経営者という仕組みです。

こうして読者は納得感を得て、その企業にお願いしよう、パートナーになろうと思い、問い合わせをしたり、その企業が主催するセミナーに申し込んだりします。このように最終的に著者である企業にたどり着くような書籍の構成が、当社の「勝ちパターン」なのです。

「つくる」に関してもう一つ付け加えると、書影(本の表紙)も大事になります。タイトルとともに、読者が手に取りたいと思うような、または手に取らざるを得ないようなカバーデザインを私たちは追求しています。そのため私たちの手がける書籍は、すべて幻冬舎デザインプロというデザイン専門のグループ会社が担当します。私たちが企業の内部に入り込んで、その強みを徹底的に把握して書籍をつくるのと同様に、幻冬舎デザインプロも取材に基づき、企業の強み、社長の哲学や考えなどを徹底的に理解した上で、それらを表紙に反映させます。

当社の企業出版は、このようにカバーデザインまで細部にこだわりを持ってつくっています。他社にはないこの徹底した本づくりこそが、クライアントに信頼感や安心感を与え、多くの発注をいただけているのだと自負しています。

関連するコラム

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら