企業出版(ブランディング出版):HOME > 健全経営と社内モチベーションを最適化する!
コーポレートガバナンス・コード対応と
業績連動型役員報酬の設計

健全経営と社内モチベーションを最適化する!
コーポレートガバナンス・コード対応と
業績連動型役員報酬の設計

10月11日(火)開催 16:00~17:30

本セミナーオススメのポイント
健全経営のためのコーポレートガバナンス戦略の最新事情について学ぶことができる。
コーポレートガバナンスコードに対応した業績連動型役員報酬の設計方法について学ぶことができる。

申込みはこちら

大企業の不祥事は一夜にしてその企業の企業価値を低落させ、
最悪の場合、経営破綻の結末を引き起こしてしまうこともあります。
最近では、東芝の不正会計、以前であればライブドアや雪印の粉飾決算など、
記憶に残るニュースは多いのではないでしょうか。
このような社会的影響力がある大企業の不祥事のあるなか、
コーポレート・ガバナンスコード(以下CBコード)が実施、運用開始しました。
これは、アベノミクスの3本の矢の中でも、最も効果が出ており、
成長戦略の軌道に乗っているものです。

CBコードが、国際企業間競争を勝ち抜くための経営上の意思決定の透明化、
合理化を企図しており、これにより民間の、
それも日本を代表する上場企業が取り入れることで、さらなる企業成長を図ることが、
国家のGDPを押し上げることにつながることが期待されているからです。
しかし、当該コードをどのように運用させているのか、
一部について設定、運用できない場合にどのような説明が投資家向けに行われているかは、
十分把握する必要があります。
また、CBコードが求める社外取締役の導入のほかに、
経営リスクを背負う役員に対するインセンティブとしての
業績連動型報酬も検討することが求められております。
すでに企業では、中長期的な業績と連動する報酬の割合や
現金報酬と自社株報酬との割合を適切に設定するような
制度導入が進んでいるところもあります。

そこで本セミナーでは、上場企業の社外取締役も務め、
監査法人の代表として多くの法定監査や財務デューデリジェンスに携わり、
実績を積み重ねてきた小笠原代表より、
CBコードの対応状況と特に業績連動型役員報酬の設計方法について講演頂きます。

また、本セミナーの最後には個別相談会も予定しており、
法人様に合ったCBコードについての詳細をご相談いただけます。
経営リスクを最小化すべく、
健全経営のためのコーポレートガバナンス戦略の最新事情及び概要について、
プロの講師の意見をもとに学んでみませんか。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

※内容の一部が変更になる場合がございます。

≪セミナー概要≫

第1部 『コーポレート・ガバナンスコードについて』
講師:監査法人アヴァンティア 代表社員 小笠原 直 氏

第2部 『CBコードに対応した業績連動型役員報酬の設計方法』
講師:監査法人アヴァンティア 代表社員 小笠原 直 氏

講師紹介

 


小笠原 直

■講師プロフィール■
監査法人アヴァンティア 代表社員
公認会計士。1989年一橋大学経済学部卒業、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。法人融資担当。92年8月公認会計士登録、太陽ASG有限責任監査法人に入所、07年代表社員に就任。08年10月に監査法人アヴァンティアを設立、法人代表・代表社員に就任。中堅上場企業監査業務を中心に中堅・中小企業向けの業務サービスに注力した結果、監査法人業界の上位10%以内の法人にまで成長。コーポレートガバナンスコードの影響もあり、現在上場企業2社の社外取締役、監査役を兼務。元慶応義塾大学環境情報学部准教授(01年~07年)、元千葉大学大学院人文社会科学研究課講師。独立行政法人「経済産業研究所」「原子力安全基盤機構」(経済産業省)「統計センター」(総務省)評価委員、相模原市外部包括監査人なども歴任。執筆・セミナーも多数。

セミナー詳細

主催: 株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング
開催日時: 2016年10月11日(火)
15:30 開場(受付開始)
16:00 第1部講演開始
16:40 第1部講演終了・質疑応答、休憩
16:50 第2部講演開始
17:30 第2部講演終了・質疑応答
17:40 個別相談会⇒終了
場所: 株式会社幻冬舎 2号館3F セミナールーム
(東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目9番7号)
 東京メトロ北参道駅より徒歩1分
 JR代々木駅・千駄ヶ谷駅より徒歩7分

※会場に駐車場、駐輪場はございません。

参加費: 無料
定員: 20名

申込みはこちら

開催予定セミナー一覧はこちら

フェイスブック始めました ビジネス