企業出版(ブランディング出版):HOME > セミナー > 【終了】幻冬舎主催セミナー「価格上昇率 年間18%!(※) 今、日経新聞、日経ビジネスもたびたび特集する 経済成長めざましいフィリピンでの「高級コンドミニアム」投資入門」

【終了】幻冬舎主催セミナー
価格上昇率 年間18%!(※)
今、日経新聞、日経ビジネスもたびたび特集する経済成長めざましいフィリピンでの「高級コンドミニアム」投資入門

価格上昇率 年間18%!(※) 今、日経新聞、日経ビジネスもたびたび特集する 経済成長めざましいフィリピンでの「高級コンドミニアム」投資入門

 (こちらのセミナーは終了いたしました)

昨年開催されたあの大好評セミナーが、再び開催されます!

今、経済成長がめざましいフィリピンにおいて、日本の八重洲や丸の内にあたる超一等地に存在する高級コンドミニアム(マンション)が1,000万円程度から購入できることをご存知でしょうか?

これから大きな成長が見込まれているアジア新興国の中でも、特にフィリピンは大きな注目を集めており、事実、2005年~2010年の5年間に現地で販売された高級コンドミニアムは、平均年間上昇率18%(※)という驚異的な数字を叩きだしました。
さらには、日本との時差も1時間しかなく、リアルタイムでの連絡や情報収集もしやすいことから、フィリピンは、日本人が初めての海外不動産投資を始める場所として相応しく、かつ、今の日本国内ではほぼ不可能となった“巨額のキャピタルゲインを生む不動産投資”を実現できる条件が揃った、まさに理想の国なのです。

セミナーでは、今年の511日、日経ヴェリタスに大きく取り上げられたフィリピンでのロングステイ・投資サポートを行う株式会社デラ・クルーズより代表取締役佐々木良介氏と、フィリピンのオフィスビルではNo.1、居住用コンドミニアムでもNo.2の市場シェアを記録し、さらにマニラ国際空港隣接地にフィリピン初のIR(カジノを含む綜合リゾート)リゾートワールド・マニラの開発により、フィリピンのカジノ開発に火をつけたトップデベロッパーの「Megaworld Corporationより国際事業本部アジア太平洋地区日本担当上級カントリーマネージャー のマイケル G. モレノ氏をお招きいたします。

フィリピンの国としての魅力や、急激に伸びゆく経済状況についてご説明いただくと共に、2013年第一四半期のGDP成長率で中国を上回ったことで世界から注目されているフィリピンのウォール街といわれるマカティ、および、2000年以降新たに開発され、JPモルガン、ドイツ銀行、アクセンチュアなどのグローバル企業が集まる先端国際都市BGC(ボニファシオ・グローバルシティ)のプライムロケーションに立地する実際の物件を取り上げながら、『フィリピン不動産投資と高級コンドミニアムの魅力』について、たっぷりとお話しいただきますので、このセミナーを機に、資産形成のための視野を海外へと広げてみてはいかがでしょうか。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

※2005年~2010年のマニラ首都圏BGC(ボニファシオ・グローバルシティ)における、コンドミニアム価格の平均年間上昇率

※内容の一部が変更になる場合がございます。

 

講師紹介

佐々木氏

株式会社デラ・クルーズ代表取締役CEO 佐々木良介氏

早稲田大学政治経済学部卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科MDPコース修了。大手メーカーにて企画管理部長、関係会社代表取締役社長などを歴任し起業。2003年、英会話スクール「デラ・クルーズイングリッシュクラブ(株式会社デラ・クルーズ)」を設立。大手企業を中心に、英会話力ばかりでなくグローバルで活躍できるグローバル人育成研修を実施している

2012年、フィリピンでのロングステイ・投資サポートを行うTESZARA(テザラ)事業部を新たに設立し、メガワールドをはじめとするトップデベロッパー数社とパートナー契約を結び、マカティ、ボニファシオ・グローバルシティといったプライムロケーションのコンドミニアムに特化して、フィリピンに注目する投資家向けに毎月コンドミニアム視察ツアーを開催している。

また、現地に子会社のTESZARA Inc.を設立し、購入されたコンドミニアムの賃貸、維持管理、売却の手続きも行うと共に、ご自分で滞在される方のために、フィリピン政府退職庁の日本唯一の認証企業として、SRRVビザ(退職者特別居住ビザ)の取得サポートから、銀行口座の開設、英会話研修からメイドの手配までのコンシェルジュサービスを提供している。

マイケル G. モレノ氏

マイケル G. モレノ

メガワールドコーポレーション
国際事業本部アジア太平洋地区
日本担当上級カントリーマネージャー