企業出版(ブランディング出版):HOME > セミナー > 【終了】幻冬舎主催セミナー「元特別国税調査官が見た!聞いた!~相続・贈与・資産形成を考える前に知っておくべき本当の話~」

【終了】幻冬舎主催セミナー
元特別国税調査官が見た!聞いた!
~相続・贈与・資産形成を考える前に知っておくべき本当の話~

元特別国税調査官が見た!聞いた!~相続・贈与・資産形成を考える前に知っておくべき本当の話~

(こちらのセミナーは終了いたしました)

今、多くの人が自らの資産の在り方について考え、より多くの資産を将来へと残していくために、相続や贈与、投資や保険といった、様々な方法を模索しています。

しかし、何らかの形で資産を動かす時、そこには必ず税制のメスが入ります。
納税は一国民として当然の義務ではあるものの、一方で、私たちは知らず知らずのうちに必要以上の税金を納めてしまっているケースも少なくありません。

加えて昨年可決されたマイナンバー法が数年の内に施行されるとみられ、今後の社会制度は大きく変わろうとしています。

今後は、私たちは自分が支払った年金や保険料、所得税がいくらなのかを一括で管理できるようになるのと同時に、国からもそれらの情報を一元で管理されてしまう時代がやってきます。
マイナンバーを各地方自治体がどのように導入するのかについてはまだ未知数ですが、それによって、今までは見過ごされていたものが突然透明化され、新たに課税対象として浮上してくる可能性も充分に考えられます。
そうなった時、私たちは、もはや従来通りのやり方のまま資産形成を行っていくことはできなくなってしまうでしょう。

本セミナーでは、昨年まで国税庁で特別国税調査官を務めあげられた富永徹也先生とファイナンシャルプランナーの齋藤貢三子氏をお招きし、富永先生には、国税庁在職時代に目撃した数多くの事例をご紹介いただき、実際にあった成功例も失敗例も交えながら、思わず国税庁も納得してしまう理想の相続・資産形成の在り方について、齋藤氏には、必要以上に税金を納めないようにするための投資や資産の運用方法、マイナンバーによって変わるであろう社会の仕組みについて、初心者にも分かりやすくお話しいただきます。

計画的な資産形成を行っていくためには、ある日突然、驚くほど高額な納税を求められてからでは手遅れです。
そうなる前にまず私たちは、国という相手を知り、想定されるケースやそれに対する心構えをした上で、どうやって資産形成を行っていくのかを考えていかなければなりません。

本セミナーは、開業医などの個人事業主の方をはじめ、資産管理や納税申告を自身で行っている全ての方々にとって、これからの資産形成を考える上で必ずや有用なお話となることでしょう。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

※内容の一部が変更になる場合がございます。

 

講師紹介

富永徹也様

富永てつ也税理士事務所代表 富永徹也先生

元国税庁特別国税調査官。40年以上に渡り国税庁へ勤務し、後半6年間は特別国税調査官として現場で辣腕を振るわれ2012年退官とともに富永てつ也税理士事務所を設立。2013年からは相続診断協会のパートナーとして相続の現場から見える問題点を分かりやすく解説し「笑顔相続」の普及に務めている。2014年6月には一般社団法人「相続アドバンスト俱楽部」を設立、あらゆる角度からの相続サポートに活躍中。

齋藤貢三子様

ファイナンシャルプランナー 齋藤貢三子氏

大学卒業後、12年の経理経験を経て、34歳より損保代理店。2010年に生損保乗合代理店に移籍し、現在は大手総合保険代理店に在籍。資金繰りや資産形成に長年携わり、豊富な現場経験と幅広い知識をもとに、ファイナンシャルプランナーとして各方面で活躍中。