事例

事例詳細

監査法人の原点
  • Amazonで買う

監査法人の原点

ISBN 9784344997783
クライアント 監査法人アヴァンティア
著者 小笠原直
初版発売日 2011/06/28
価格 740円(税抜)
書籍分類 経営者新書

内容

日本でもIFRS(国際財務報告基準)導入が予定され、公認会計士の仕事は過去の記録から「未来を見積もること」に様変わりしてきています。しかし、中央青山監査法人の一連の不祥事以降、監査業界は保守的になり、リスクをとらない公認会計士が増えてしまいました。このことを著者は、公認会計士の職業的危機であると嘆きます。中堅監査法人を設立した著者が、危機感の薄い監査業界に向け、未来の会計士と監査法人のあるべき姿を提示した渾身の一冊。業界関係者はもちろん会計士志望者の学生、上場企業の管理部門責任者も必読です。

制作の背景

著者の小笠原直氏が2008年に設立した監査法人アヴァンティア。その組織の姿は、巨大化・官僚化した大手監査法人とは180度異なるものです。小笠原氏はなぜ、大手監査法人がシェアを独占するこの監査業界に、「適正規模」「真のパートナーシップ」などを掲げる新たな法人を旗揚げしたのか。その根底には、本来自由職業人であるにもかかわらず、どんどん組織人化していく公認会計士という職業、および監査業界に対する強い危機感がありました。本書を読むと、この問題が単に監査業界だけのものではなく、日本の組織全体の問題であることが見えてきます。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら