事例

事例詳細

「口内健康」で一生病気にならない体をつくる
  • Amazonで買う

「口内健康」で一生病気にならない体をつくる

ISBN 9784344993822
クライアント 河北歯科医院
著者 河北正
初版発売日 2016/07/27
価格 1,300円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【「口の中」が全身の健康を左右する!?“健康寿命をのばす歯科治療”とは】

「口内健康」を軽視していませんか? 健康寿命を延ばすべく生活習慣に気をつかっている人は多いですが、軽視されがちなのが「口内健康」です。 実は口の中にいる「カビ」が全身の健康のカギを握っており、そのカビを除菌して 口の中を健康に保つことができれば、あらゆる病気を防ぐことができるのです。 本書では、カビに感染して病気が発生するメカニズムやその予防法、カビを除菌して全身の健康を手に入れた実例を詳しく解説します。

●contents●
第1章:リウマチ、認知症、糖尿病・・・健康寿命を脅かす病気の原因は「口内のカビ」にあった
第2章:全身の病気を引き起こすカビの正体「カンジダ」とは?
第3章:「病気知らずの体」は歯科治療でつくる―健康寿命のカギを握る“抗カビ治療”
第4章:抗カビ治療で「全身の健康」を手に入れた事例5

制作の背景

50年以上にわたり、歯科医として全国の患者を治療してきた河北正氏。診療と研究を続ける中で、口内に潜むカビ「カンジダ」が全身の健康を司っており、またカンジダは歯科治療で除菌できることを発見しました。その事実を多くの方に知ってもらい、日本人の健康寿命を延ばしたいという熱い思いから、本書の制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
河北 正(かわきた ただし)
1959年、東京医科歯科大学卒業。1964年、神奈川県茅ヶ崎市に河北歯科医院を開業。現在に至る。1998年、「歯周病原因菌の一考察」(『デンタルダイヤモンド』3月号)、「口腔カンジダ除去の必要性」(同誌9月号)、2001年、「超高温根管治療法」(同誌6月号)、2004年、「私が考えるブラキシズムの発現機序と咬合調整法」(同誌1月号)にて歯周病カンジダ説を初めとして独特の咬合論を発表し、歯科イノベーション(治療革命) の重要性を発表。著書に『歯周病はうがいで治る』(宝島社)、『歯周病の犯人はカビだった!』(KKベストセラーズ)がある。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら