事例

事例詳細

ジリ貧中小製造業を事業計画書でV字回復させる方法
  • Amazonで買う

ジリ貧中小製造業を事業計画書でV字回復させる方法

ISBN 9784344993556
クライアント 前田勝昭公認会計士事務所
著者 前田勝昭
初版発売日 2016/06/24
価格 800円(税抜)
書籍分類 経営者新書

内容

【たった1年で業績をガラリと変えるカギは「事業計画書」にあり! 瀕死企業を黒字に導く企業のホームドクターが教える起死回生の方法 】

リーマンショックの衝撃はやわらいだものの、依然として中小製造業には厳しい状況が続いています。大手の寡占、為替レートの変動、そして薄い利益率でジリ貧の状況です。こうした中小製造業が苦戦を強いられる理由は、大手・元請への依存体質にあります。本書では、下請け気質から脱却し、商品開発力を身に付け、利益を生み出す攻めの体制へと変わるための「事業計画書」を作成するノウハウを紹介します。

●contents●
第1章:グローバル競争の激化、大手の寡占、低い利益率~廃業の危機に追い込まれる中小製造業~
第2章:ジリ貧の原因は元請依存によるビジョンの欠如と「どんぶり勘定」
第3章:瀕死状態からV字回復に導く「事業計画書」とは?
第4章:事業計画書づくりSTEP1 正確な市場調査で現状の課題を洗い出す
第5章:事業計画書づくりSTEP2 品目別に詳細な製造原価を把握し、収益構造の弱点を潰す
第6章:事業計画書づくりSTEP3 イノベーション、設備投資、組織改革-収益増への事業拡大ロードマップを描く
第7章:事業計画書づくりSTEP4 下請け気質から脱却するための「アクションプラン」を立てる
第8章:事業計画書の定期的な見直しと更新でV字回復を果たす

制作の背景

ものづくり県・愛知で会計士として活躍する著者は、経営コンサルタントとして多くの企業を黒字に導いている。本書は、著者の豊富な経験に基づき、事業計画書を作成し、さらにPDCAを回すことで経営状況を改善していく方法を解説。製造業は特に、原価計算や補助金申請などの際に事業計画書を活用するとメリットが大きい。事業計画書作成の重要性を知ってほしいと出版を決意しました。

●著者プロフィール●
前田 勝昭(まえだ かつあき)
1945年7月26日、愛知県生まれ。公認会計士。名古屋市立大学経済学部卒業後、1973年、河村会計事務所に所属。1974年には監査法人トーマツに移り、1977年に会計士資格を取得。1985年、前田勝昭公認会計士事務所を設立。税理士学校や日本経営協会、中小企業事業団などで講師経験を積む。1991年、監査法人・東海会計社を設立し、上場企業の監査を請け負う。さらに、きめ細かい監査手法により、経営者・幹部教育を中心としたコンサルティング業務にも尽力している。モットーは「継続」。事務所の月刊情報紙「きゃっちぼーる」は、約30年間、一度も休むことなく情報を発信し続けている。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら