事例

事例詳細

競合他社を圧倒する ホームビルダーの経営戦略
  • Amazonで買う

競合他社を圧倒する ホームビルダーの経営戦略

ISBN 9784344974784
クライアント 株式会社ハウスジャパン
著者 内藤達也
初版発売日 2016/04/28
価格 1,500円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【社員一人あたり売上1億5000万円を実現したホームビルダーが実践する業界再編時代を生き抜く経営改革とは】

住宅の新築着工数は、横ばいが続いています。消費税増税前の駆け込みも終わり、ハウスメーカーにとっては依然として厳しい状況です。そんな中2015年日経ホームビルダーのランキング9位にランクインした著者の会社では、安定した経営を実現しています。本書では、厳しい業界状況において、どのようにして安定経営を実現しているのか、その独特なノウハウを紹介します。

●contents●
第1章:市場の縮小と大手の寡占でホームビルダーに未来はない
第2章:下がる建築利益率、流通数が激減する不動産「家づくり」に特化した経営は成立しない
第3章:「家づくり」+αで二重利益構造を狙う 「売り建て方式」こそがホームビルダーを救う
第4章:売り建てで収益を高めるコツ①戦略的仕入れで土地粗利を増やす
第5章:売り建てで収益を高めるコツ②徹底した効率化で建築粗利30%を実現する
第6章:売り建て方式の転換による安定収益の確保こそ永続するホームビルダーの必須条件

制作の背景

地方ビルダーとして経営を続けてきた著者は、不動産会社や宅建業での経験から、住宅と土地をセットで販売することが収益につながると実感しました。さらに優良宅地認定制度や、定期借地権事業など、税制を存分に活用した経営術を考案。日経ホームビルダーにランクインするなど事業を拡大してきました。
会長職を引退するにあたり、「今までの経歴やノウハウを1冊にまとめたい」という思いから出版を決意しました。

●著者プロフィール●
内藤達也(ないとう たつや)
ハウスジャパン代表取締役会長。
1943年 愛知県生まれ。刈谷高校卒業後、大手企業に入社。国内留学生として、日本短期大学卒業。1971年 より、建設会社、会計事務所での勤務を経験。宅建の資格取得や住宅建設の現場監督に携わる。1977年 には大手建設会社に入社し、専務取締役に就任後退社。1981年、 愛知県吉浜市に吉浜不動産を設立。
1983年、 不動産業からビルダーとして業態転換をはかり、「株式会社ハウスジャパン」として法人化。土地の有効活用コンサル、不動産・建設業と して活躍。特に優良住宅の分譲や一般定期借地権事業は得意分野。2015年、 日経ホームビルダー「従業員一人あたりの売上高の多い企業」第9位にランクイン。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら