事例

事例詳細

人生が変わる白内障手術
  • Amazonで買う

人生が変わる白内障手術

ISBN 9784344974326
クライアント 大宮七里眼科
著者 山﨑健一朗
初版発売日 2017/01/30
価格 1,300円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【日本で初めてレーザー白内障手術に成功 多焦点眼内レンズ症例実績1400件超の眼科専門医が徹底解説】

年齢を重ねると誰もが罹患する恐れがある白内障。長生きすればするほど必然的に白内障にかかる確率は高くなり、長寿時代の今、白内障手術を受けることは、決して特別なことではなくなってきています。 人間の手によっておこなわれる手術は、医師の力量や症状の度合い、その日の医師のコンディションによっても、結果が左右される可能性があります。安全で確実な白内障手術の方法として、「レーザー白内障手術」があります。これにより、「眼医師の理想通りの切開」が可能となり、感染症リスクも劇的に低くすることが可能になります。欧米では普及しつつありますが、日本にはまだ数台しか導入されていないことから、レーザー白内障手術についての正確な知識を持っている人は、そう多くないのが現状です。日本におけるレーザー白内障手術の第一人者であり、症例数国内一の眼科医が、レーザー白内障手術を解説。快適な見え心地を取り戻す手術の詳細を伝えます。

●contents●
第1章:誰もが避けて通れない目の病気――「白内障」
第2章:完治できるのは手術のみ――「白内障治療」の現状
第3章:1000分の1㎜単位の精度、最新レーザー白内障手術とは?
第4章:「視力年齢」を若がえらせる最先端の多焦点眼内レンズ
第5章:最新治療で最高の見え方を手に入れる

制作の背景

山﨑健一朗医師は、日本で初めてレーザー白内障手術を導入し、これまで多数の患者の視力を取り戻してきました。レーザー白内障手術は1000分の1ミリ単位の精度で緻密な治療を行なうことができるほか、多焦点眼内レンズを使用することが可能です。まさに目の若返りを実現することができる画期的な治療です。しかし、欧米では認知され始めているレーザー白内障手術も日本ではまだまだ認知されていないのが現状です。本書では、レーザー白内障手術実績多数の医師が、白内障の知識から最新治療までを徹底解説します。

●著者プロフィール●
山崎 健一朗(やまざき けんいちろう)
2012年に日本初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功。 2016年10月現在、大宮七里眼科で行った白内障手術は4800例以上。 うち多焦点眼内レンズは1400例以上、レーザー白内障手術は1000例以上。 レーザー白内障手術、多焦点眼内レンズにおいて日本最多レベルの症例数を持つ。 2008年に大宮七里眼科を開院。翌年に両親の多焦点眼内レンズ白内障手術を自ら二人同日に執刀した。 2011年3月11日の東日本大震災のときに白内障手術を行っており、地震の揺れのなか手術を 続行して無事完遂した。
日本眼科学会認定 眼科専門医。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら