事例

事例詳細

AI化する銀行
  • Amazonで買う

AI化する銀行

ISBN 9784344973107
クライアント 株式会社オメガ・パートナーズ
著者 長谷川貴博
初版発売日 2017/12/18
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【AI×銀行で業界は変化していく―― 銀行員がこれから身につけるべきスキルを解説! 】

AIの導入によって日本の銀行が、そして銀行員の働き方が劇的に変化します。 単純作業は真っ先にAIに切り替わり、早いスピードと高い精度で大量の業務がさばかれていきます。 さらに、属人的な業務でさえも、AIが膨大なデータから傾向・対策を導き出し、正確に業務を遂行していくでしょう。 AIの導入が不可避となった今、銀行員が生き残るためには高いリテラシーを身につけ、AIに使われるのではなく使いこなす銀行員になることに尽きます。 これからの時代、銀行員に求められるのは、ITの基本的な知識と、最新事例を自分なりに収集・分析・評価し、自らの仕事に応用していく力です。 本書では、みずほフィナンシャルグループのクオンツ・アナリストという経歴を持ち、現在金融業務向けの人工知能開発に携わる著者が、世界の金融業界でどのような変化が起きていて、どれほどの業務がAIに切り替わっているのかを解説。さらに、AI時代の銀行の未来像と今後求められる銀行員の姿を提言しています。

●contents●
第1章:世界の銀行員たちが震撼。AIの導入で一大リストラが始まった
第2章:リテールサービスから機関投資家向けサービスまで 次々とAIに切り替わっていく銀行業務
第3章:店舗に人間は2人で十分――無人化する2030年の銀行
第4章:求められる能力が変わる――AI時代に生き残る銀行員とは

制作の背景

2008年にリーマン・ショックが発生したときの日本の銀行員の混乱ぶりから、「いつまでもこのままでは、海外の銀行との競争に勝てない」と感じた著者・長谷川貴博氏。デジタル化の流れにおいて、銀行員が自身の市場価値を高められる方法をより多くの人に伝え、微力ながら日本の銀行を支援したいという思いから本書の制作を始めるに至りました。


●著者プロフィール●
長谷川 貴博(ハセガワ タカヒロ)
株式会社オメガ・パートナーズ代表取締役社長。東北大学大学院理学研究科数学専攻修了、京都大学MBA(金融工学コース)修了。
大学院修了後、富士通株式会社に入社。金融システム・エンジニアとして、銀行勘定系システム開発プロジェクト、および証券取引システム開発プロジェクトに参画。その後、みずほフィナンシャルグループのクオンツ・アナリストに転身し、デリバティブ・ビジネスやリスク管理業務に従事。株式会社Sound-Fの金融工学部門のマネージャーを経て2015年から現職。
近年では高度市場系金融システム開発プロジェクトへの参画や、金融業務向け人工知能開発、ブロックチェーンを活用したインフラ構築ビジネスに従事している。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら