事例

事例詳細

稼ぐ会社の 「課長心得12カ条」
  • Amazonで買う

稼ぐ会社の 
「課長心得12カ条」

ISBN 9784344972001
クライアント KCCSマネジメントコンサルティング株式会社
著者 森田直行
初版発売日 2015/04/28
価格 1,500円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【「アメーバ経営」の伝道師が語る 現場のリーダーに不可欠な12の心得】

JAL再生などの成果で注目を集める京セラの「アメーバ経営」。
その稼ぐ力の源となるのは、現場の最前線で指揮を執るリーダー、つまり課長クラスの管理職です。
著者は京セラグループの稲盛名誉会長の右腕として、JAL再生事業などを現場で指揮した辣腕の経営者。その著者がアメーバ経営導入のコンサルティングを行う中で辿り着いた「課長心得12カ条」を公開し、現場で稼げるリーダーの自己啓発、あるいは育成を促そうとするのが本書です。
その要諦は、高い目標に向かって人を動かし、とにかく利益にこだわるリーダーになること。
目標の立て方、部下の導き方、育て方など、組織に利益をもたらすために必要な課長の仕事について解き明かします。


●contents●
第1章:アメーバ経営とはどんな経営手法なのか
第2章:稼ぐ課長に不可欠な資質は「課長心得12カ条」で身に付ける
第3章:起業家精神 ――組織を発展させる課長の心得
第4章:リーダーシップ ――部下に目標を達成させるための課長の心得
第5章:向上心 ――伸びる課長の心得
第6章:「課長心得12カ条」が強い幹部を育てる

制作の背景

京セラ稲盛和夫名誉会長の薫陶を受けた著者・森田直行氏は、それまで門外不出だった「アメーバ経営」を他社に導入するためのコンサルティングを行うアメーバ経営の伝道師です。25年間、500社以上におよぶコンサルティング業の中で著者が痛感したのは、課長クラスのリーダーこそが会社の利益の源泉であり、そのリーダーの育成次第で業績は大きく左右されるということでした。
現場のリーダーに必要不可欠な考え方、働き方、そして生き方を簡潔にまとめることで、より多くの人の悩みを解決するヒントを得られれば、との思いから、本書の制作を決意されました。

 

 

 

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら