事例

事例詳細

炎上する相続
  • Amazonで買う

炎上する相続

ISBN 9784344918283
クライアント 税理士法人アイエスティーパートナーズ
著者 髙野 眞弓
初版発売日 2018/07/02
価格 800円(税抜)
書籍分類 経営者新書

内容

【裁判沙汰になったトラブルの3割が遺産総額1000万円以下!? 「ウチは大丈夫」と思ったら大間違い! 6つの炎上エピソードから学ぶ「円満相続」の秘訣】

相続でもめたあげく、兄弟姉妹が憎しみ合い、絶縁状態になってしまうことは思いのほか多い。 実際のところ、相続炎上の火種はどこにあるかわからないものだ。 本書では、「そんなことがきっかけでもめるのか」というエピソードを紹介する。 いずれも特別なお金持ちではない一般家庭の話である。 登場人物たちの振る舞いや言動の中に、トラブル対策につながるヒントを見出していく。

●contents●
序章:妬み、憎しみ、いがみ合い…… 「炎上する相続」は誰にでも起こりうる
エピソード1:父の再婚相手が相続権を主張! 晩年の恋が招いた親子の亀裂
エピソード2:俺の取り分を増やしてくれ! 次男の強欲が招いた一家離散
エピソード3:兄が相続税を支払わずに国外逃亡! 後始末に奔走する家族と絶縁状態に
エピソード4:家業を手伝わない義姉 激怒した妹が相続やり直しを要求
エピソード5:母の愛は優しさか、甘やかしか――相続額の差に妹がキレた!
エピソード6:姉たちが住まいの売却を要求! 脅かされる穏やかな日常

制作の背景

「相続税で苦しむのはお金持ちだけ」。相続問題は「対岸の火事」のように捉えられがちです。しかし、司法統計を紐解いてみると、民事裁判に持ち込まれた相続関連トラブルのうち、およそ4割が遺産総額5000万円以下となっています。さらに、3割はなんと1000万円以下。「うちは無関係」と相続対策を怠っていると、のちにトラブルに陥ってしまうことが少なくないのです。あげくには兄弟姉妹が憎しみ合い、絶縁状態になってしまうことすらありえます。相続炎上の火種はどこにあるかわかりません。長年の税理士経験から得たその教訓を、広く世間に知ってもらいたい。そして、しっかりと準備をして炎上を防いでほしい――。著者のそのような思いから本書の制作はスタートしました。

●著者プロフィール●
髙野 眞弓(タカノ マユミ)
税理士法人アイエスティーパートナーズ代表社員。東京・浅草生まれ。國學院大學経済学部卒業。日本大学大学院・慶應義塾大学大学院修了。又野税務会計事務所勤務を経て、1975年に独立、税理士髙野眞弓事務所を立ち上げ、多種多様な業種・業態の企業の顧問税理士を務める。事業規模拡大に伴い、2016年6月に税理士法人アイエスティーパートナーズを設立。40年以上にわたり、「税務のアドバイザー」という枠を超えた公私のパートナーとして、多くの経営者の悩みを解決してきた。特に、骨肉の争いに発展しやすい相続税・贈与税等について、一家の思いに寄り添った提案を行い円満相続に導いている。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら