事例

事例詳細

ITエンジニアの「海外進出」読本
  • Amazonで買う

ITエンジニアの「海外進出」読本

ISBN 9784344915381
クライアント イー・ビー・ソリューションズ株式会社
著者 五嶋 仁・高木 右近日向
監修者 須藤 敏行
初版発売日 2018/02/23
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【ITエンジニアの海外進出は、将来性とやりがいに満ちている!】

今後IT業界で必要とされ、ポジションも報酬もアップしていく
「市場価値の高い」人材とは、どのような知識やスキルを身につけている人なのか?

悩めるエンジニアに本書が示す一つの答えは、
海外現地で活躍するシステム導入プロジェクトのマネジメント職(PMO)です。
PMOとして働くことで、今後ますますグローバル化していくビジネスにおいて欠かせない
実践的な力が身につくうえに、多様な価値観の人をマネジメントするため、近年重要視
されているダイバーシティへの対応力が備わります。
また、語学力が自然に磨かれるのはもちろん、海外の先進的なソフトウェアや開発方式に
いち早く触れることも可能です。

本書では、海外プロジェクトをマネジメントする仕事の魅力と、
具体的な現地のエピソードに基づいた、海外で働くうえでの注意点、
外国人をマネジメントするためのポイントなどを解説します。

【こんな方にオススメです】
・業界における自分の市場価値を高めたいひと
・エンジニアとしてステップアップしたいひと
・海外で外国の人と一緒に働いてみたいひと
・世界に出て自分の力を試したいひと
・ITエンジニアを目指している学生

●contents●
第1章:海外へと広がるITエンジニアのマーケット
第2章:現地で外国人と働き、システム導入を成功に導く──
    市場価値が高まる「グローバルPMO」とは
第3章:合理主義? 契約社会?
    日本式が通用しない海外のシステム導入プロジェクト
第4章:語学よりも特性をつかむことが重要。
    現地エンジニアとのコミュニケーションノウハウ
第5章:海外経験豊富な「ITコンサルタント」となって
    グローバル時代を勝ち残れ

制作の背景

業界でも早い時期から、海外でのシステム導入プロジェクトに携わってきた著者の二人。その経験から、海外でPMOとして働くことの難しさと、やりがい、楽しさを誰よりも深く理解しているといっても過言ではありません。 そこで、一人でも多くのエンジニアに、海外で働く魅力に触れ、海外システム導入プロジェクトのマネジメント職としてキャリアアップしていってほしいとの思いから、本書の執筆をスタートしました。

●著者プロフィール●
五嶋 仁(ゴトウ ヒトシ)
イー・ビー・ソリューションズ(株)マネージング・コンサルタント。2002年、海外で働きたいとの思いから(株)東芝に入社。グループ内外のアメリカ、タイ、中国、ブラジルの基幹(ERP)システム、グローバルSCMシステムで、多数のプロジェクトリーダー、PMOを経験。2007年、イー・ビー・ソリューションズ(株)入社。米国公認会計士。

●著者プロフィール●
高木 右近日向(タカギ ウキヒコ)
イー・ビー・ソリューションズ(株)マネージング・コンサルタント。メーカーSEとして石油・化学業向けのシステム開発に12年間従事。2002年、コンサルタントとしてキャリアアップすべくイー・ビー・ソリューションズ(株)入社。(株)東芝のグローバル・プロジェクトにおける本社側でのプロジェクトマネジメント支援などを行う。中小企業診断士。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら