事例

事例詳細

戦略的アメリカ不動産投資
  • Amazonで買う

戦略的アメリカ不動産投資

ISBN 9784344913431
クライアント 株式会社オープンハウス
著者 井上由美子
初版発売日 2017/08/31
価格 1,400円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【加熱する不動産投資市場―― いま、富裕層を中心に注目を集める 日本よりも安心で安全な「アメリカ不動産投資」とは? 】

日本人の多くが将来の不安を打ち消すために、せっせと預貯金に励んでいます。今の日本は、将来に対する過度な悲観論がデフレマインドを助長し、本来あるべき経済の成長を押しとどめているように感じています。国の健全な経済の成長なくして人は幸せにはなれません。 誤解を恐れずにいうと、いつまでも日本全体が「インフレを怖がっている」状態ではグローバルなこの時代を生き残っていくことはできないでしょう。ところが預貯金が大好きな日本人は、投資も消費もせず、円の残高ばかりを気にしています。投資と消費の停滞がデフレを一層加速させ、その結果として、自分たちの首を絞めていることに気づいていないのかもしれません。 一方で、私たちは義務教育の頃から英語を学び、身近に接してきました。しかし、アメリカという国のことを本当によく知っている人はどれほどいるでしょうか? ドルの預金を持っている人はどれほどいるでしょうか?  知らない人が多いということは、そこに必ずチャンスがあります。アメリカの不動産取引の仕組みは日本以上にクリアで、外国の投資家であっても対等な立場で勝負できる環境が整っています。何よりアメリカは世界最大の市場であり、ドルは世界の基軸通貨です。世界中から投資家が参入しています。 この本では、不動産取引の専門家として、これまで30年以上にわたり培ってきたノウハウをもとに、アメリカ不動産投資の魅力を余すところなく解説していきます。 (「はじめに」より)

●contents●
第1章:いま、日本の資産家がアメリカ不動産を買っている理由〜情報通の富裕層はとっくに動いている
第2章:日本以上に安心・安全! フェアで透明なアメリカの不動産投資〜明確なルールで守られる不動産取引とオーナーの権利
第3章:意外にカンタン! アメリカ不動産の購入・管理・売却までの流れ〜現地に行かずとも金融商品感覚で投資が可能
第4章:海外物件は担保にならない? 常識を覆すアメリカ不動産の最新融資スキーム〜フルローンも!? リスクを取って投資効率を上げる米国版レバレッジ投資術
第5章:データ分析で判明! 狙い目はオハイオ州のコロンバス〜「お宝地域」で実践するアービトラージ投資術
第6章: 富裕層なら知っておきたいアメリカ不動産投資のプラスアルファ活用術〜相続対策、法人から個人への財産移転等にも使える
第7章: アメリカ物件の管理、出口戦略まで見据えた販売業者の選び方〜日本からの遠隔投資を円滑に進めるためのパートナー選びの重要性

制作の背景

井上由美子氏は、不動産こそが最も低リスクで安定的なリターンを狙える投資対象であると考えています。しかし、人口減少を大きな要因として、日本国内の不動産需要は減少していくと予想されており、日本の不動産市場は「レッドオーシャン(競争の激しい既存市場)」となっています。 そのような状況のなか、顧客へすすめる投資先として井上氏が選択したのが「アメリカ」です。 アメリカのなかでも最も狙い目の地域として井上氏がすすめるのが、オハイオ州コロンバス。アメリカ不動産の基本的知識からコロンバスが最も狙い目である理由に至るまで、戦略的にアメリカ不動産投資を行うノウハウを余すところなく解説します。


●著者プロフィール●
井上 由美子(イノウエ ユミコ)
株式会社オープンハウス
ウェルス・マネジメント事業部 部長
宅地建物取引士
相続対策及び事業継承、
不動産を活用したM&Aコンサルティング、
米国不動産の購入及びその融資斡旋など
幅広い業務経験を持つ
「総合不動産コンサルティング」のプロフェッショナル。
圧倒的な不動産知識と、お客様のニーズに
きめ細かく丁寧に対応するコンサルティング力は、
多くの方々から支持を得ている。企業研修等での講演実績多数。
2017年4月より現職。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら