事例

事例詳細

「精神病」の正体
  • Amazonで買う

「精神病」の正体

ISBN 9784344913271
クライアント 大塚明彦(医療法人社団明萌会大塚クリニック)
著者 大塚明彦
初版発売日 2017/07/28
価格 1,400円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

【患者本人ばかりか家族、周囲の人々、 さらには医師さえも混乱させてしまう 「精神病の正体」とは、いったいなんなのか――。 】

私は千葉大学医学部を卒業後、同学部附属病院精神科神経科に入局。以来、50年の長きにわたり、精神医療の現場に身を置いてきました。1983年には、千葉県内で二番目となる精神科外来の診療所を開設し、以来のべ10万人を超える多くの患者さんと向き合ってきました。 こうした経験の末、いまだ解明されていない「精神病」の核心に、私はついに触れることができたと考えています。それはまさに精神病の「正体」といえるものです。 私が考える精神病の正体とは、たとえるなら木に成長する前の“種”のようなものです。種から幹や枝が伸びていき、その先に色とりどりの花や果実を実らせます。複雑で多様に見える精神病も実は元をたどれば同じであり、さまざまな症状となって現れているにすぎないというものです。この表層的な症状につけられた病名に振り回され、種=根本的な正体に迫ることができていないのが、精神医療の現状なのです。正体が明らかになれば、精神科医が的確な診断を下し、適切な治療を行うことができるようになり、長く精神病に苦しんでいた人がその人らしい人生を取り戻せるようになるはずです。 本書では、長年にわたる臨床経験と医学的根拠をもとに、「精神病の正体」をつまびらかにしていきます。 (「はじめに」より)

●contents●
第1章:精神医学の常識は、100年前から変わらない
第2章:多様な症状と次々につけられていく病名。古い常識が精神病を正体不明にする
第3章:進む「薬の単一化」に隠されたヒント――多様に見える精神病も根は一つ
第4章:「精神に異常がある」とはどういうことか―人間の「五感」「感受性」を手がかりに突き詰めていく
第5章:感覚器官の発達段階に潜む「正常」と「異常」の境界――突き止めた「精神病」の正体
第6章:100年前の“常識”が覆れば、すべての患者、医師が「精神病」から解放される

制作の背景

まだ、精神病が今ほど身近な病と捉えられていなかった50年前にクリニックを開設し、以来、10万人を超える患者と共に病と闘ってきた大塚明彦医師。昨年発表した、『「心の病」の嘘と真実 精神科医が病気を治せない理由』は好評を博しました。同書の発売から1年余りがたち、今回発表したのが本書、『「精神病」の正体』です。今作では、人々を苦しめる「精神病」とは結局はなんなのか、という未だに誰も明確に説明することができない根源的な問いに、豊富な臨床経験からたどり着いた答えを示します。 50年間の臨床経験と医学的根拠に基づいた、著者渾身の一冊です。


●著者プロフィール●
大塚 明彦(オオツカ アキヒコ)
医学博士。医療法人社団明萌会大塚クリニック名誉院長、千葉先端精神医学研究所所長。精神保健指定医。1966 年に千葉大学医学部卒業後、千葉大学医学部附属病院精神科神経科に入局。1971年千葉大学大学院にて医学博士取得。同仁会木更津病院、千葉県精神保健センターを経て、1983 年に大塚クリニックを開設し、院長に就任。著書に『医食同源 名医が語る最新医学――うつ病・ストレス』(共著、実業之日本社、2004 年)、『その痛みは「うつ病」かもしれません』(草思社、2007 年)、『「心の病」の嘘と真実 精神科医が病気を治せない理由』(幻冬舎メディアコンサルティング、2016 年)がある。 日本精神神経学会専門医。公益社団法人日本精神神経科診療所協会監事。日本外来臨床精神医学会副理事長。日本外来精神医療学会理事。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら