事例

事例詳細

超図解! 新規事業立ち上げ入門
  • Amazonで買う

超図解! 新規事業立ち上げ入門

ISBN 9784344912250
クライアント カッティング・エッジ株式会社
著者 木下雄介
初版発売日 2017/04/27
価格 800円(税抜)
書籍分類 新書

内容

【知識ゼロの担当者必読! 7つのステップで理論~実践まで 重要ポイントを完全網羅 】

新規事業の取り組みが求められる背景にあるのは、日本の企業が目下直面している巨大なパラダイムシフトの波です。人々の消費トレンドも「所有」から「利用」になり、「モノ」消費から「コト」消費へと根本から大きく変わり始めています。企業は従来のビジネスだけでは立ち行かなくなっているのです。 一方で新規事業のプロジェクトを任された責任者や担当者の多くは「どういった手順で進めるべきなのか」「失敗しないためには何に気をつけるべきか」と日々頭を悩ませています。新規事業立ち上げは「9割失敗する」とささやかれるほど難しいものなのです。 そこで本書では、これまでのビジネス人生で数多くの新規事業プロジェクトに関わり、成功させた著者が、これまでに培った経験とノウハウをもとに理論から実践まで新規事業立ち上げに必要なポイントを丁寧に解説します。また、本書の大きな特徴として図版をふんだんに用いることで、全く知識がない人でもすんなりと学ぶことができるように配慮しています。

●contents●
STEP1:「新しい事業アイデア」を生み出す
STEP2:「現状分析」で自社の強み・弱みを把握する
STEP3:「ターゲット顧客と提供価値」を設定し競合と差別化をする
STEP4:3つのフレームワークを活用し「事業戦略」を練る
STEP5:「ビジネスモデル」を1枚の紙に描く
STEP6:3年スパンの「事業計画書」を作成する
STEP7:「計画」を実行に移す

制作の背景

日本の企業は目下巨大なパラダイムシフトの波に直面しています。 経営環境の変化がめまぐるしい中、企業が生き残るためにはビジネスモデルを再構築し、新たな収益の源泉として新規事業に取り組むことが不可欠です。 新規事業のプロジェクトを任された責任者や担当者の多くは、「どういった手順で進めるべきなのか」「失敗しないためには何に気をつけるべきか」と日々頭を悩ませています。新規事業立ち上げは「9割失敗する」とささやかれるほど難しいものなのです。 そんな悩める責任者・担当者に向けて、著者がこれまでのビジネス人生で数多くの新規事業プロジェクト、スタートアップ企業の立ち上げを成功させてきた経験をもとに、わかりやすく、実践的で、日々活用できる「新規事業立ち上げの重要ポイントをまとめたハンドブック」を提供したい――そんな想いから書籍の執筆がスタートしました。

●著者プロフィール●
木下 雄介(キノシタ ユウスケ)
中小企業診断士
1986年、慶應義塾大学 経済学部卒業
2003年、神戸大学大学院 経営学研究科博士前期課程(MBA)修了
2008年、MITスローンスクール Executive MOT修了
1986年、日本アイ・ビー・エム(株)に入社。社内公募によりジョイントベンチャーを立ち上げ、IBMロゴの製品化を実現。1997年、当時、SFAのパイオニア企業であった米国シーベルシステムズ社の日本上陸に伴い、創業メンバーとして参加。西日本地区の責任者としてビジネスを立ち上げる。その後、2008年、タレントマネジメントのグローバルリーディングカンパニーであった米国サクセスファクターズ・インク(現SAP)にスカウトされ、日本法人を設立し、代表取締役社長に就任。ゼロからビジネスを立ち上げ、日本におけるタレントマネジメントブームの火付け役の一人となる。その後、日本オラクル(株)の営業本部長を経て、独立。現在は自身の会社であるカッティング・エッジ(株)を設立し、中堅・中小企業を中心に顧問契約を結び、これまでの経験を活かしながら、顧問先の新規事業立ち上げを実践的にサポートしている。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら