事例

事例詳細

医療難民を救う  「在宅型医療病床」
  • Amazonで買う

医療難民を救う  「在宅型医療病床」

ISBN 4344917766
著者 柴原 慶一
初版発売日 2018/08/31
価格 1,400円(税抜)
書籍分類 単行本

内容

2025年、国民の3.3人に1人が65歳以上、5.6人に1人が75歳以上という超高齢社会が到来。政府は、社会保障費を少しでも減らすべく、全国135万床の病床を2025年までに約20万床減らす方針を打ち出しています。しかし高齢者向け施設ではなかなか受けいれてもらえない医療依存度の高い高齢者「医療難民」が増える一方で、深刻な課題です。医師であり実業家でもある著者は、新たな発想“病床のシェア”による「在宅型医療病床」で、この「医療難民」の問題に立ち向かっています。本書では、超高齢社会に向け医療の新たな形をご紹介します。

制作の背景

2025年、団塊の世代が75歳以上となる超高齢社会に向け、政府は「病院」中心の医療から、在宅医療・在宅介護といった「住まい」中心の医療へ方向転換を図っています。そのため、病院からの退院を余儀なくされながらも、自宅や施設では受け止めることのできない医療依存度の高い高齢者である「医療難民」が深刻な問題としてクローズアップされています。 この問題を解決するべく、医師であり法人経営にも携わってきた著者は、日本の将来を支える新たな医療インフラ「在宅型医療病床」を世の中に知らしめるべく本書の執筆を決意しました。

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら