クライアントインタビュー

企業出版(ブランディング出版):HOME > クライアントインタビュー > 日天株式会社

日天株式会社

業界イメージを払拭し、信頼を獲得!
潜在顧客を引き寄せる武器として効果を発揮!

日天株式会社
書籍 『屋根でもうける太陽光発電』
クライアント 日天株式会社

ご担当者 代表取締役 髙瀨和明様

福島県福島市生まれ。2001年に昭和シェル石油グループ/昭和ソーラーエネルギー株式会社に入社。その後横浜営業所所長、横浜支店支店長、直売部部長を歴任。2009年4月に昭和シェルソーラー販売株式会社を会社分割し、住宅用太陽光発電システム販売・施工事業を行う日天株式会社を設立。代表取締役社長に就任し、メイド・イン・ジャパンの太陽光発電の普及に日々精進している。

出版前の状況

太陽光発電というのは、インターネットや新聞広告などの表面的な宣伝文句で売れる商品ではなく、しっかりと仕組みをお話し、きちんと理解して頂く事がとても重要です。 コンシューマー向けに自社では訪問販売を行っていますが、お客様の中には「太陽光発電の訪問販売」に対してグレーなイメージを持っている方もいらっしゃるため、営業社員は非常に苦労していました。
そのイメージを払拭し、商品への深い理解、太陽光発電の業者を見極める力を持って欲しい、そして自社が健全な企業であるという信頼を醸成したい、その想いから今回出版を決めました。

出版後の効果

問い合わせ頂いた訪問販売先に、今回の太陽光発電の書籍が置いてあったという話は10件以上聞いており出版効果を実感しています。社員には営業ツールとして書籍を持ち歩かせていて、他社差別ポイント箇所に付箋を貼ってご提案後にお渡ししています。お客様がご家族や社内にてご相談するにあたって、正しく自社を知って頂けるので、良い販促ツールとなっています。
もともとはコンシューマー向けに太陽光発電の書籍を作りましたが、法人様からも書籍を読んでお問い合わせを頂いたり、パートナー企業様では研修ツールとして書籍を読んで下さっているそうで、予想外の反応ですが嬉しい出版効果ですね。

出版を検討している企業へのメッセージ

「自社の取り組みをカタチにする」というのはビジネス面だけでなく、気持ちの面でも大変プラスに働きます。訪問販売先に自社の書籍があると大きな活力に繋がりますし、自分達の取り組み姿勢が書籍に詰まっているので、社員に対しても背筋を伸ばす良いプレッシャーになっています。

事例情報

屋根でもうける太陽光発電

  • クライアント:日天株式会社
  • 著者:髙瀨和明
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼