事例

投資家の裾野拡大へ前進!そして、“資産形成”を通じてみんなの幸せを応援する会社に!

日本人は幼い頃から「貯金の大切さ」を説かれますが、「投資の大切さ」を説かれることはほとんどありません。実際、当社の投資信託をご購入頂くお客様を見てみても、ある程度年齢を重ねた方の割合が圧倒的に多いのが現状です。しかし、今後超低金利下でのインフレ、少子高齢化に伴う年金問題等が起こる可能性は高く、人生の早い段階で、投資による資産形成を始めることが必須な時代が迫っていると考えています。

そのような気持ちで、資産運用会社として投資ビギナーの手助けとなれることはないか検討していたところに、出版のお話を頂きました。それまでは私自身が著者となって書籍を出すというアイデアはありませんでしたが、より多くの投資ビギナーに対して「投資による資産形成」の必要性をお伝えできる良い機会と考えました。我々資産運用会社には、「投資による資産形成」で人々の人生が豊かになり、その一人一人の「投資」がひいては日本の経済成長等につながる、その支援をする使命があると考えており、それを果たすべく出版を決意しました。

横山邦男 氏

三井住友アセットマネジメント代表取締役社長兼CEO。東京大学卒。1981年(昭和56 年)に住友銀行入行。日本郵政専務執行役、三井住友銀行常務執行役員を歴任し、14 年4月より現職。約13 兆円の資産運用を統括している。合併によるメガバンク誕生の際にも腕を振るった、金融界のビッグネーム。都市銀行の幹部と運用会社社長を両方経験した稀有な存在であり、お金のすべてを知るエキスパート。

出版後の効果

我々は資産運用会社なので、直接投資家との接点を持つ機会はあまり多くないのですが、投資家からの書籍への反響を数多く頂いています。また、書籍を読んだ方から、書籍をもとにした連載記事の発信のお話をいただくなど、出版がきっかけとなり当社の投資啓蒙活動が、より多くの投資家の目に留まる機会が増えてきたように思います。

そのほか、さまざまな業界の方々から、書籍の出版について驚きのお言葉も頂いています。資産形成を通じてみんなの幸せを応援するという我々の想いが、幅広く伝わり、一人でも多くの投資ビギナーが投資を始めるきっかけとなれたのではないかと感じています。

出版を検討している企業へのメッセージ

「投資家の裾野を拡げる」という目標を達成すべく、引き続きセミナーの開催やインターネットを通じた情報発信などの投資啓蒙活動を続けていますが、今回の書籍の出版はそれらの起点となりました。

我々は資産運用会社という、日本ではまだあまり広く知られていない業種ですが、出版によって私たちのこだわりや志を広く世に伝えるチャンスを得ることができました。出版を検討している方にはぜひご決断頂き、健全な資産形成の必要性、有効性を共に広めて参りましょう。

書籍紹介

書籍名

『今こそはじめる資産形成』

初版発売日

2015/9/19

価格

1,400円(税抜)

書籍分類

単行本

企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連する事例

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら