事例

トップページ > 事例

事例一覧

キーワード検索

見込みゼロ客をヘビーリピーターに変える スゴい営業の仕組み

  • 書籍分類: 経営者新書
  • クライアント:株式会社クリディアル
  • 著者:武蔵原一人

制作の背景

20歳でリフォーム会社の営業マンとなり、所属する支店では常にトップの成績を出してきたという武蔵原氏。
しかし、マネージャーの立場になってからは思うように成績を伸ばせず、次々にやめていく部下の背中を見送るばかりでした。心機一転、独立してからは、営業マンがストレスを抱えずに業績を伸ばす、いわば「必ず成功する営業の仕組み」を確立したことで、顧客満足度も向上し、今ではリピート率96%を誇っています。
そこで、悩める経営者や営業マンへ、企業と人が成長していくためのヒントを提供することができれば、との思いから、本書の執筆を決意しました。読者の皆さんに「営業は楽しい仕事」と思っていただけたら幸いです。

●著者プロフィール●
武蔵原一人(むさしはら かずひと)
株式会社クリディアル代表取締役。
大手リフォーム会社にてトップ営業マンとして活躍。
中堅ハウスメーカーの取締役を経て、2009年、株式会社クリディアルを創業、代表取締役に就任。
新築住宅の施工販売、リフォーム、住宅メンテナンスなど、住まいと暮らしにかかわる事業を幅広く展開している。
営業マン時代に、新規開拓だけに終始する営業のやり方に疑問を感じたことから、現在は営業マンがストレスを抱えずに業績を伸ばす「必ず成功する営業の仕組み」を確立。顧客を自社のファンにする独自のノウハウで顧客満足度も向上し、会員の年度更新率は96%を超える。
詳細はこちら

経営改革は”人事”からはじめなさい

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:株式会社おの事務所
  • 著者:小野耕司

制作の背景

若者の数が減り続けるこれから、ごく一部の人気企業を除き、大手企業ですら人材難に陥ることが確実です。そんな状況においては、既存の人材が意欲的に成長していく仕組みづくりが必須です。多くの企業はヒトの悩みを抱え続けているのが現状です。人事コンサルタントである著者の理論により、悩める経営者を救済すべく本書の制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
小野耕司(おの こうじ)
1991年に東北大学教育学部を卒業後、古河電気工業株式会社に入社。
2005年にはデンソー株式会社に入社し、10年の人事実務経験を積む。
2006年からは三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社に在籍し、多数の人事コンサルティング案件に従事。現在は株式会社おの事務所株式会社代表取締役コンサルタントとして、多くの中堅・中小企業に対して実践的な人事コンサルティングを行っている。数万人の社員に影響を与える人事実務経験と豊富なコンサルティング経験に裏打ちされた独自の人事・働き方・組織の哲学を持ち、東証一部上場企業や100年続く伝統企業など多くの顧客を抱えている。既著に『人事再考』(共著、2010年、文芸社)。
詳細はこちら

医学生がガイドする 私立医学部合格読本2017

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:レクサス教育センター
  • 著者:レクサス教育センター

制作の背景

衰えを見せない医学部人気。少人数制予備校としてこれまで多数の医学生を輩出してきたレクサス教育センター/医歯大受験科には、情報不足から大学の選択に迷う受験生の声が多く寄せられていました。 そこで、医学生の生の声を受験生に伝えることによって、大学選びの参考になり、モチベーションアップにもつながるガイドをつくろうと本書が制作されました。

●著者プロフィール●
レクサス教育センター(レクサスキョウイクセンター)
医学部予備校。
1992年、既存の塾や予備校に飽き足らない7名の生徒と3名の講師で設立された。9名以内という超少人数のクラス編成を軸に、個人の実力および志望校に応じた学習環境を徹底することが、創立以来の根幹となっている。
詳細はこちら

誰も知らない 不動産屋のウラ話

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:株式会社未来投資不動産
  • 著者:川嶋謙一

制作の背景

2度の自己破産から立ち上がり、現在では不動産会社の社長として資産を築いている著者。これまでの多くの職業経験から、「起業して稼ぐなら不動産屋しかない」と確信し、実現されています。
会社を立ち上げてひと財産を築きたい、将来性のある職業で起業したい、という人に向けて、不動産業で成功する秘訣と裏話をまとめるべく、本書の制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
川嶋 謙一(かわしま けんいち)
株式会社未来投資不動産代表取締役。
1959年新潟県生まれ。民営化に伴い国鉄を希望退職、自己破産と離婚を経て借金返済のため仕事を求めて歌舞伎町へ。ポン引き、ホストなどあらゆる仕事を経験した後、携帯電話・国際デジタル通信の会社を立ち上げ6店舗まで拡大するも2度目の破産。絶望の中で不動産会社に入社、感謝の気持ちから死に物狂いで働いて仕事を覚え独立し、現在に至る。スタッフにも恵まれ、さらなる高みを目指して奮闘中。
詳細はこちら

女性器コンプレックス 愛する人と交われない女たちの苦悩

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:なおえビューティークリニック
  • 著者:喜田直江

制作の背景

女性器の形成は医療として確立されておらず、産婦人科医でも知識のある人は少ないのが現状です。思い詰めた女性が産婦人科医に相談しても、解決方法を提示されることはほぼ皆無。気にしなくても良い、我慢が足りない、といった心ない言葉をかけられて心の傷をさらに深めてしまうケースも少なくありません。
産婦人科医として女性の健康をサポートしてきた喜田医師は、そうした女性たちのコンプレックスを取り除くことに使命感を持ち、女性器形成を専門としたクリニックを開設。治療によって多くの女性たちの心を救ってきました。 同じ悩みを抱える女性たちに解決策があることを知ってもらいたい。そして女性としての幸せをつかみ取ってほしい――との強い思いから、悩める女性たちにエールを送る一冊として本書の執筆に至りました。

●著者プロフィール●
喜田 直江(きだ なおえ)
平成13年京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術症例を経験。
平成15年、形成外科医としての基本から縫合の技術まで幅広く習得。
平成18年、大手美容外科にて美容外科・美容皮膚科全般を習得。とくに婦人科系の美容手術は日本でも有数の症例数を誇る。平成23年10月、東京銀座でなおえビューティークリニックを開院。
日本形成外科学会会員、日本性科学会会員、日本抗加齢医学会会員、ビビーブ認定医。
詳細はこちら

「親族内」次期社長のための失敗しない事業承継ガイド

  • 書籍分類: 経営者新書
  • クライアント:株式会社わかば経営会計
  • 著者:大磯 毅/中山 昌則

制作の背景

本来、事業承継は企業にとって成長・発展するチャンスのはずです。ところが、自社株の移転で思わぬ高額納税が発生したり、相続財産を巡って親族トラブルが発生したりと失敗に終わるケースが後を絶ちません。公認会計士・税理士として、そして中小企業診断士・経営コンサルタントとして企業の成長をサポートしている著者は、その原因の一つは後継者の知識不足にあるといいます。事業承継では、現社長が抱えているトラブルを把握し、解決策を練ったうえで行われるのが理想ですが、とくに息子など親族間での事業承継の場合では受け身の承継となり、あまり理解のないまま経営の舵を握ってしまうケースが少なくないのです。それでは失敗に終わるのも当然です。そこで、次期社長となる人物が知っておくべき事業承継の基本と企業成長に必要な経営のポイントをわかりやすく伝えたいと、本書の制作がスタートしました。


●著者プロフィール●
大磯 毅(おおいそ・たけし)
株式会社わかば経営会計代表取締役。
公認会計士・税理士・中小企業診断士。
1984年、兵庫県神戸市出身。
2006年、京都大学経済学部卒業。在学中に公認会計士試験に合格し、大手監査法人・中堅税理士法人での勤務を経て、2013年に大磯経営会計事務所(現「わかば経営会計」)創業。「中小企業の未来を創造する」を経営理念に、事業承継・M&A・企業再生といった中小企業向けの財務・経営コンサルティングおよび税務サービスを展開。

中山 昌則(なかやま・まさのり)
株式会社わかば経営会計代表取締役。
公認会計士・税理士・中小企業診断士。
1986年、千葉県松戸市出身。
2009年、慶應義塾大学経済学部卒業。在学中に公認会計士試験に合格し、大手監査法人・中堅税理士法人での勤務を経て、2013年より千葉県中小企業再生支援協議会に出向。数多くの中小企業の再生支援業務(経営改善支援、金融調整業務等)に従事。2015年4月に株式会社わかば経営会計代表取締役に就任。
詳細はこちら

取引先の倒産を予知する「決算書分析」の極意

  • 書籍分類: 経営者新書
  • クライアント:アロックス株式会社
  • 著者:田中威明

制作の背景

著者の田中氏は、決算書分析システムを開発・販売する会社を経営しています。そのキャリアの中で、倒産予知に特化した決算書分析のノウハウを得ました。
氏はこの財務分析手法を用いて、約30年の長きにわたり、多数の金融機関、商社、事業会社などで、融資審査や与信管理、投資のサポートを行っています。
この手法を世に広めて貢献したい。そんな著者の想いから、本書は誕生しました。

●著者プロフィール●
田中 威明(たなか たけあき)
アロックス株式会社 代表取締役社長。大学卒業後、機械メーカーの営業職を経て、「倒産リスク情報」を販売する企業に入社。商社や金融機関、メーカーの調達部門などを中心に、数多くの企業の与信管理業務やサプライヤ管理業務をサポートする。2013年3月、アロックス株式会社を設立。決算書に基づいた倒産リスク評価を行うソフトウェア「アラーム管理システム」を提供し、「決算書を読めない人の数をゼロにする」ことを目標に、システム開発やセミナー等を行っている。
詳細はこちら

失敗例から学ぶ 儲かる不動産投資の極意

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社カクセイ
  • 著者:平山智浩・渡辺章好

制作の背景

これまで多くの投資家のコンサルティングを行ってきた著者はそれぞれの資産背景や将来像に合った投資方法を提案してきました。ところが、不動産投資ブームの広がりからか「○○を買えば絶対に儲かる」などの売り文句に惹かれて不動産を購入し、結局立ち行かなくなる投資家が急増しています。
この現状に警鐘を鳴らすと同時に、同じような失敗を犯す投資家を少しでも減らし、将来のための資産形成に役立ててほしいとの思いから本書の制作をスタートしました。

●著者プロフィール●
平山 智浩(ひらやま ともひろ)
大学卒業後、医療機器販売会社で4年間営業に従事。その後、不動産業界に転職し、首都圏で収益用不動産の仕入れや販売に従事。2015年、株式会社カクセイ設立、代表取締役に就任。
詳細はこちら

あなたの資産を食い潰す「ブラック相続対策」

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:株式会社財産ブレーントラスト
  • 著者:秋山哲男

制作の背景

著者は、かつて日本最大級の総合財産コンサルティング会社で、個人や法人の財産、不動産運用のコンサルティングを長年手がけてきました。そのキャリアを踏まえ、一人ひとりのクライアントに対し、より密な財産コンサルティング業務を手掛けたいという思いから独立。そこで、不動産を中心にお客様の財産保持および相続対策に深く携わるなか、その場しのぎの相続税対策が横行していること、公正・中立な立場で、かつ長期的スタンスでしっかりとアドバイスができる専門家が圧倒的に不足しているということに改めて気づかされました。こうした現実に警鐘を鳴らし、正しい相続対策を推奨していきたいという思いから、本書は執筆されました。

●著者プロフィール●
秋山 哲男(あきやま てつお)
株式会社財産ブレーントラスト代表。1958年7月生まれ。
1994年、株式会社船井財産ドック(現在東証第二部に上場している株式会社青山財産ネットワークス)に入社。
1997年に事業部長、2001年に取締役に就任、2004年東証マザーズ上場時に、上場の鐘を叩く。
2005年現場での仕事に拘り、執行役員に降りる。2008年、再度取締役に就任し、2010年に退任。
2013年2月、一人ひとりのお客様に対して、もっと深く密な財産コンサルティング業務に特化したいとの思いから、株式会社財産ブレーントラストを設立。
著書に『あなたの土地の有効活用はやめたほうがいい』『不動産現金化の時代』『あなたの資産 再生いたします』『改訂版 あなたの土地の有効活用はやめたほうがいい』 (全て実業之日本社)、『都心不動産 買い方のコツ』『地主心得帳』『買ってよい不動産・悪い不動産』『3年後 崩壊する地主・生き残る地主』( PHP新書)等。
詳細はこちら

世界トップシェアを勝ち取った田舎の小さな工場の奇跡

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:オキツモ株式会社
  • 著者:山中重治

制作の背景

設立70年を迎え、これまでの歩みを社史として残そうと考えた三代目社長。しかし、一般的な重厚長大な社史では書棚に飾られるだけで誰にも読まれない、70周年の記念として、一般の読者にも広く親しまれる企業ストーリーを作りたいという思いから出版を決意されました。
ストーブ用の耐熱塗料を開発してオキツモの原点をつくった創業者、塗料を塗膜と捉えて機能性塗料分野に進出した先代社長、そして、塗料という業種業態の枠を超えて新たな市場の可能性追求する現在の活動を通し、オキツモのDNAを社内外に発信することを目的として制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
山中 重治(やまなか しげはる)
1967年、三重県に生まれる。1992年、甲南大文卒、同年オキツモ入社。1997年にオキツモ・インターナショナル社長就任、2000年常務取締役を経て代表取締役に就任。
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼