事例

トップページ > 事例

事例一覧

キーワード検索

開業医の相続対策は「奥様」がやりましょう

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:ライフ・プロデュース
  • 著者:芹澤貴美子

制作の背景

著者の芹澤氏は、大手生命保険会社で10年間、全国2位の成績を誇るトップ営業として、2000名以上の顧客のライフプランニングや相続・事業(医業)承継に携わってきました。そのサポートによって円満相続を叶えることができた開業医一家も、数多く存在します。 氏はそのキャリアの中で、開業医の家庭が一般家庭より多くの相続リスクを抱えていること、そのようなリスクを回避するためには「院長夫人」のはたらきが不可欠であることを確信しました。 なぜなら夫人の多くは、院長が知り得ない家族の人間関係を細かく察知・把握しているからです。また女性ならではのコミュニケーション能力で、家族の橋渡し役を担うこともできます。そして何よりも“母”としてどの子にも分け隔てなく心を砕き、全員の幸せを願って無償の愛で動くことができるのです。 一族の明るい未来をつくるのは、ほかでもない「院長夫人」自身である――そんな著者の強い想いから、本書は誕生しました。

●著者プロフィール●
芹澤 貴美子(せりざわ きみこ)
相続・事業(医業)承継コーディネーター。フィナンシャルプランナー。淑徳大学卒業後、養護学校教員を経て、日本を代表する大手生命保険会社に入社。全国2位の成績を誇るも、顧客を守るため2003年10月、株式会社ライフ・プロデュースを設立。「お客様が人生をかけて築いてこられたもの、想い、そしてお客様自身を守る」という理念のもと、2000人以上のライフプランニング、100社以上の法人コンサルティングを実施、サポートし続けている。コンサルタント養成塾も主宰し、業界への教育事業を推進している。 著者自身も相続を経験し、獣医師と大手木造住宅メーカーに勤務する2人の息子がいる。次世代につなげる様々な活動を実践し、特に医師家族の相続対策に強みをもっている。単なる節税だけではなく、気づきにくいリスクを読み解き、未来を守る知識がある。顧客一人ひとりの「想い」に沿ったコンサルティングは評判を呼び、日本のみならず、世界各地から相談に訪れる家族が後を絶たない。
詳細はこちら

発作ゼロ・再発ゼロをめざす「心房細動」治療

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:SDPジャパン株式会社
  • 著者:桑原大志

制作の背景

カテーテル心筋焼灼術で高く評価されている横須賀共済病院の中で活躍してきた桑原大志医師。その治療技術には定評があり、多数の心房細動患者を救ってきた。そうした桑原大志医師が、不整脈に特化した自身のクリニックを開設。開設を機に自身のこれまで培ってきた治療技術や心房細動に関する情報をまとめたいとの思いから、制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
桑原 大志(くわはら たいし)
医学博士。1984年愛媛大学医学部入学。1991年愛媛大学医学部第2 内科、1992年愛媛県立中央病院勤務、愛媛大学医学部付属病院、愛媛県立新居浜病院、国立循環器病センター研修、2004年横須賀共済病院循環器センター勤務。不整脈治療の中でも「心房細動」を専門とし、心房細動の唯一の根本治療であるカテーテルアブレーション治療では、世界トップクラスの実績を持つ。2016 年7 月末現在の治療実績で3000 件以上。2016年9月東京ハートリズムクリニック開設、院長就任予定。
詳細はこちら

海外不動産で資産を増やす! 医師のためのフィリピン・カンボジア投資

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社トライブ
  • 著者:大山一也/織田耕平

制作の背景

これまで医師に特化した不動産投資のノウハウを書籍化し、多くの反響を得てきた大山氏。前作までは、どちらかと言えば「初心者」向けの内容でしたが、今度はすでに投資を行っている「中級者」に向けて、より高度なノウハウを伝授したいという思いから制作がスタートしました。海外不動産コーディネーターの織田氏を共著者に迎え、激動するアジア新興国で勝ち続けるためのテクニックを公開しています。

●著者プロフィール●
大山 一也(おおやま かずや)
1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート・マンション投資、ビル建設までを幅広く手掛ける。2010年に株式会社トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。2016年4月よりホールディングス化に伴い、株式会社トライブホールディングスを設立し、同社代表取締役に就任。社団法人日本IFP協会理事。医療法人社団泰成会理事。不動産と医療は密接に関係してこそさらに社会に貢献できる、という持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。また、倒産しかけた医療法人に助力し、多くの再建・再生を行っている。新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

織田 耕平(おりた こうへい)
一般社団法人日本IFP協会、及び日本IFP協会Singapore代表理事。現在は家族と共にシンガポール在住。シンガポールの富裕層へのコンサルティングや世界の金融商品に対する研究・開発活動。国内の大手精密機械メーカー海外営業部にて東南アジア・オセアニア地区のセールスマネージャーとして国際ビジネス第一線で活躍。帰国後、国内証券会社にて超富裕層及び高収益企業の決算対策・事業承継・株価対策・資産運用などを行う傍ら、国内外の金融商品の証券化等の業務を従事。海外での資産運用の重要性、ならびにその方法として航空機を用いた資産運用・税効果の優位性に気づき、航空機専門商社に転職。病院向けのドクターヘリ設置サポートなども行う。その後、一般社団法人日本IFP協会の代表理事に。現在、来日時は税理士法人や医師会を対象に、事業承継・株価対策・税金対策・資産運用の講演やコンサルティングを行っている。
詳細はこちら

その区分マンションは今すぐ売りなさい

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社 FGH
  • 著者:渡邊勢月矢

制作の背景

縁あって不動産業界に飛び込み、何もわからないまま仲間と事業を始めた著者。創業9年目を迎えた2016年を第二創業期として、基本コンセプトに「顧客満足の最大化」を掲げ、お客様からありがとうと言われる会社、お客様に感動を与える会社にする施策を講じることにしました。本書が誕生した背景には、そのような経緯があります。 確かに不動産投資は、うまくやれば、有効な資産形成の手段となり得ます。しかし誤った物件を購入してしまえば、その先に待っているのは投資の破綻――そして、人生の破綻です。 事実、成功者の影で、失敗に泣いているオーナーも多いのが実情です。とりわけ新築区分マンション所有者の中には、不動産投資を知らずに始めて苦しんでいる人が多く存在します。そんな、藁をもつかむ思いの人々にとって、本書が救いとなれば……と、著者は願っています。

●著者プロフィール●
渡邊 勢月矢(わたなべ せつや)
大学卒業後、起業を目指して都内飲食店で下積み時代を過ごす。その後、中小企業の営業支援を行う会社に就職。不動産会社の案件を手掛けたことをきっかけに、「業界の古い体質を是正し、個人投資家の目線に立った売買仲介事業をしたい」との想いを抱く。2007年2月、株式会社アーバンフォースを設立。その後、賃貸・売買部門を独立させ、株式会社FGHを設立・ホールディングス化。グループ企業間で中古ワンルームマンションの流動性を高めることができる独自のビジネスモデルを構築し、不動産所有者、購入希望者双方のニーズを満たすサービスを提供し続けている。
詳細はこちら

経営者のための事業用不動産「超高値」売却術

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:株式会社大澤都市開発
  • 著者:大澤義幸

制作の背景

中小企業経営者にとって、自社ビルや工場などの事業用地は単なる不動産である以上に思い入れのある大切な財産です。それを手放すときには「できるだけ高値で買い取って欲しい」というのが心情でしょう。ところが、いざ売却となると様々な問題が噴出し、結局は安値で買い叩かれるケースが少なくありません。そんな経営者の悩みを解決したいと、不動産の事業用途最適化と価値創造を実現してきた著者が、そのノウハウを伝える書籍の制作をスタートさせました。

●著者プロフィール●
大澤 義幸(おおさわ よしゆき)
兵庫県生まれ。龍谷大学経営学部出身。在学中はアメフト部に所属。卒業後、マンション販売会社を経て、実家の駐車場管理業務を引き継ぎ、1年で急成長させる。その後独立開業し、宅地開発、医療ビル開発等で事業を広げていき、日本では珍しい不動産オークションを主催、自社ビル内にオークション施設を併設。これまでの総取り扱い不動産は1000 棟、15万平米を超える。不動産コンサルティングマスター。日本で唯一の経営者引退コンサルタント。株式会社大澤都市開発、他関連数社の代表を務める。
詳細はこちら

医師のための新築ワンルームマンション投資の教科書

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社ForRealize
  • 著者:岸洋嗣

制作の背景

近年は経済不安により一般サラリーマンでも何らかの投資に乗り出している人が増えている一方、本来、大きな効果を得られるはずの医師は多忙を極め、投資どころではないという現状を抱えています。マンションの分譲販売、仲介、アセットマネジメントを手掛ける著者は、そのような医師たちに向けて効果的な投資法であるワンルームマンション投資の魅力を伝えたいと本書の制作を決意。初心者でもわかるよう、最低限必要な知識と運営のポイントをまとめた書籍を目指し、制作をスタートさせました。

●著者プロフィール●
岸 洋嗣(きし ひろし)
1974年生まれ。大学卒業後、一部上場不動産会社10年間勤務。その後、マンションデベロッパーで取締役を務め、2011年株式会社For Realizeを設立して代表取締役に就任。これまでに扱った不動産取引は数千件以上。自身でも収益不動産を数多く所有し、マンション経営を行っている。
詳細はこちら

子どものこころは「公教育」が救う

  • 書籍分類: 経営者新書
  • クライアント:医療法人社団ランタナ会
  • 著者:久場川哲二

制作の背景

著者は児童精神医療を専門として、44年間の長きにわたり「こころの病」に苦しむ子どもの治療に当たってきました。同時に、神奈川県川崎市において学校訪問を13年間継続し、子どもをとりまく現状の把握と、問題行動や家庭のあり方の研究を続けています。その経験から、「公教育」の現場で心の病に対応する仕組みを構築することが必須であると著者は訴えます。近年、心の病気を抱える児童が増加する中で、教育現場では日々懸命に子どもたちを救おうと努力する教職員が数多く存在するのは確かです。しかし一方で理解のない自治体や教育委員会が心ある教職員の努力を無にしていることもまた事実です。そのような状況に警鐘を鳴らし、心を病んだ子どもたちを救うため、本書の制作はスタートしました。

●著者プロフィール●
久場川 哲二(くばがわ てつじ)
医学博士  1970年に慶應義塾大学医学部を卒業して以降、45年以上にわたり一貫して児童精神医療に携わる。ADHDや発達障害、自閉症、ゲーム依存症など、幅広い疾患の治療経験を持つ。また、川崎市の学校訪問を13年間続けるなど、医療と教育現場の連携推進にも積極的に取り組んでいる。久場川こども発達クリニック院長兼医療法人社団ランタナ会理事長、慶應義塾大学医学部客員助教授、日本精神神経学会指導医などとして活躍中。
詳細はこちら
現在4刷

税務署が咎めない「究極の節税」

  • 書籍分類: 経営者新書
  • クライアント:株式会社ベック
  • 著者:辻正夫

制作の背景

売上除外、経費の架空請求、在庫操作――これらはすべて脱税行為です。しかし、「少しくらいなら……」と考える経営者は決して少なくありません。そして一度手を出してしまうと徐々に加熱し、最後には必ず逮捕となります。元・国税調査官として多くの現場を見てきた著者は、脱税に手を染めてしまう経営者は「節税」の意味が正しく理解できていないと感じていました。そこで、税理士となった現在、問題を抱える経営者に「節税とは何か」「企業成長に必要なお金の正しい使い方とは」「経営者として取るべき行動とは」などを伝え、多くの企業を成長に導いています。しかし、それでも全国で脱税企業が後を絶たない現状から、書籍化することでより多くの人に知ってもらいたいと、本書の制作をスタートさせました。

●著者プロフィール●
辻 正夫(つじ まさお)
みのり税理士法人 所長税理士 昭和24年生まれ。大阪国税局管内主要税務署で32年間勤務し、中小企業約800社の法人税の調査に従事。平成12年に税理士登録。 平成14年、高知工科大学大学院起業家コース修士課程修了。平成15年、協同組合トータル・サポート・ブレインズ大阪を設立、代表理事就任。平成18年、みのり税理士法人を設立、代表社員・所長就任。平成19年、高知工科大学大学院起業家コース客員教授就任。ACミラン所属・サッカー日本代表本田圭佑選手のプロモーション会社の税務顧問や税理士法人以外に5企業の代表取締役も務める。平成23年、一般社団法人全国環境対策機構(JEO)を設立し、理事長就任。児童養護施設にソーラーパネルやLEDを寄贈している。
詳細はこちら

50歳からはじめるLAセレブ式 ホールフード・アンチエイジング

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:株式会社サン・クロレラ
  • 著者:中野司朗

制作の背景

仕事にプライベートにと忙しい生活を送る現代の女性。睡眠不足や食生活の乱れから美容や健康に悩みを抱える人は少なくありません。特に美容への意識が高い人は、大量のサプリを飲んだりエステに通ったりと自分磨きに精を出していますが、本当に必要なのは「健康である」ことです。ビタミンやカルシウムをサプリで摂取しても、食事によって得られる効果には及びません。正しい食事と生活によって健康を維持することこそが、更年期を迎えた女性に必要な美容法であることを伝えたいという気持ちから、本書の制作はスタートしました。

●著者プロフィール●
中野 司朗(なかの しろう)
中野司朗レディースクリニック院長/医学博士/日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医/母体保護法指定医/マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定 検診マンモグラフィ読影医師/分子栄養医学健康指導士/血液栄養診断士 1956年緑豊かな奈良県十津川村に生まれ、清流と森林の中で幼少期を過ごす。奈良県立医科大学 大学院修了。30年余りの豊富な臨床経験を生かして、中野司朗レディースクリニックでは、気軽に相談できる家庭医のスタンスで、専門的な判断のできる「スペシャルジェネラリスト」として、治療方針に迷う患者さんに、産婦人科領域の「セカンドオピニオンを提供できるクリニック」を志している。また、日本の予防医学のあるべき姿を日々追求し、21世紀を担う女性たちを応援している。
詳細はこちら

不動産投資もう失敗させません

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:株式会社富士屋商事
  • 著者:志田健司

制作の背景

不動産投資はいまや富裕層だけのものでなく、サラリーマンや主婦まで巻き込んだ一大ブームとなりました。ワンルームの区分投資から一棟もの、中古リノベーションなど多種多様な選択肢が存在しますが、ブームの陰で多くの素人投資家が大損し、涙を呑んでいることも事実です。千葉県浦安で50年以上続く不動産会社の社長である著者は、投資家が儲からない原因として「王道」といわれる不動産投資の手法の欠陥を指摘しています。書籍やセミナーなどでセオリーとされる手法の多くは不動産を「売る側」によって都合がいい手法となっており、本当に勝てる不動産投資の手法は開示されていないのです。そこで著者は、長い業界の経験を活かして、投資家の利益につながる「使える」知識を提供するために本書を執筆しました。

●著者プロフィール●
志田 健司(しだ けんじ)
1954年生まれ。千葉県浦市で50年以上続く不動産会社、富士屋商事の代表取締役を務める。「強いものが生き残るのではなく、変化に適応した者が残る」を座右の銘として、業界のセオリーにとらわれない手法で安定した経営を続ける。「風呂なしマンション」など常識を覆す物件を投資家に提案し、入居者の行列が絶えない物件にした実績を多数持つ。「社員のモチベーションアップ」を特技として自任。
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼