事例

トップページ > 事例

事例一覧

キーワード検索

長寿大国日本と「下流老人」

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:医療法人八事の森
  • 著者:森亮太

制作の背景

著者は訪問診療や路上生活者の支援などを行いながら医療に携わってきました。そのなかで見えてきた死生観、日本の医療の問題点をあきらかにし、本当の幸せ、本当の医療とは何かを広く問いたいと出版を決意しました。

●著者プロフィール●
音森 亮太(もり りょうた)
医療法人 八事の森理事長(杉浦医院 院長)
NPO法人ささしまサポートセンター理事長。外国人医療センター理事。
名古屋労災職業病研究会代表。
1970年生まれ、1998年名古屋市立大学医学部 卒
淀川キリスト教病院で内科・小児科から救急、ホスピスでの緩和医療まで幅広く研修。
2000年名古屋市立大学臨床研究医、名古屋市立東市民病院で外科医として勤務。
2003年、国立療養所恵那病院(現市立恵那病院)に勤務。NST(栄養サポートチーム)を立ち上げる。2007年医療法人偕行会名古屋共立病院、2009年特定医療法人なるみ会第1なるみ病院で勤務。
2010年4月から杉浦医院の副院長、2011年1月より院長に就任。
詳細はこちら

薄毛革命 「自毛主義」のすすめ

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:株式会社ビーシートラスト
  • 著者:音田正光

制作の背景

ある調査によると、日本国内で薄毛に悩む人は約4200万人に上るといわれています。そのうち男性の7割、女性の5割が自身の薄毛を誰にも相談できずにおり、密かに悩みを抱えていることが分かります。
著者である音田正光氏は、症例3000件を超える植毛手術にあたり、薄毛治療に精根を尽くしてきました。そのなかで薄毛ビジネスの犠牲になっている多くの人々と出会い、「患者の皆さんが薄毛に関する正しい知識を身につけてほしい」という思いから、本書は執筆されました。

●著者プロフィール●
音田 正光(おんだ まさみつ)
医学博士。医療法人社団音和会理事長。親和クリニック総院長。
大学を卒業後、一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事したのち、植毛手術を開始。 最近の10年間のうち前半5年間はFUSS手術をメインに執刀、症例数1000件以上。その後はもっぱらFUE手術を行い、症例数は約2000件に上る。 平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆。この分野の先駆的報告となった。 得意な自毛植毛手術は、ハイスピードメガセッション、SuperDensePackingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷跡への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形の修正術。
詳細はこちら

「有名人」のための資産形成入門

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:アルマックスジャパン株式会社
  • 著者:安次嶺 格

制作の背景

一般のサラリーマンや経営者だけでなく、芸能人、ミュージシャン、スポーツ選手など特殊な業種の人々に対して、資産形成コンサルを行っている安次嶺氏。
今回は、これまで培ってきた知識やノウハウを生かして、同業者と差別化ポイントを打ち出しながらブランディングをしたいという想いから出版に至りました。

●著者プロフィール●
安次嶺 格(あしみね いたる)
アルマックスジャパン株式会社 代表取締役。
ブラジル生まれ、沖縄育ち。大学卒業後、杉山商事株式会社(現 総合地所株式会社)入社。収益物件の売買業務に携わる。1993年、東京セキスイハイム株式会社に転職し、中高層建築の企画営業を経験。2007年、住友林業株式会社で分譲マンション開発、収益ビル取得業務に携わる。
2010年、アルマックスジャパン株式会社を設立。現在は一般投資家向けに不動産の仲介や売買を行うほか、スポーツ選手や芸能人に対しても同様のサービスを行い高い評価を得ている。
また、エンタテインメント事業や飲食業など多角的にビジネスを展開している。
詳細はこちら

絶対、起業!

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:斉藤会計事務所
  • 著者:斉藤雅裕

制作の背景

著者は起業支援を行っている税理士。もっと中小企業の魅力、起業のよさを気づいてもらいたい、という強い思いを世に広めたいという思いから出版を決意しました。

●著者プロフィール●
斉藤 雅裕(さいとう まさひろ)
税理士 斉藤会計事務所代表 桜台高校卒業後、滋賀大学経済学部卒業。大学卒業と同時に父親の個人会計士事務所に入所、その後30歳のときに生まれ育った町で独立。地縁、人脈を活用し事業を順調に拡大させた。
詳細はこちら

親と心を通わせて介護ストレスを解消する方法

  • 書籍分類: 経営者新書
  • クライアント:株式会社あらたか
  • 著者:中村祐介

制作の背景

現在、日本のリハビリでは「機能回復」が最も重要とされていますが、それに固執することで介護生活が苦しくなるというケースは少なくありません。理学療法士としてこれまで2000人を超える高齢者と向き合ってきた著者は、これまでの経験から機能回復ではなく「その人らしく生きること」を目指すことこそが本来のリハビリであると考えていました。たとえば、麻痺や障害が残った状態でも外出や趣味を楽しむことはできるし、補助具を使用することで介護者の負担を軽くすることができる――。ところが、親の介護にあたる人の多くはその方法を知らずに、自宅と病院やリハビリ施設の往復だけという単調な日々を過ごしているのです。そんな人たちに向けて介護生活を楽しむための方法を伝えたい――という著者の思いから、本書の制作がスタートしました。

●著者プロフィール●
中村 祐介(なかむら ゆうすけ)
株式会社あらたか 代表取締役社長 平成12年に理学療法士の国家資格を取得後、病院のリハビリテーション科に勤務し、急性期から維持期までのあらゆる疾患や障害のリハビリテーションに携わる。その後、特別養護老人施設や介護老人保健施設、在宅医療などの理学療法士として経験できるすべての臨床現場を経験し、同時に大学や専門学校での講師も務める。そして、あらゆるフィールドを経験したことによって見えてきた医療や介護の制度の在り方やサービス水準などに疑問を抱き、26歳の時に有限会社あらたか(現株式会社あらたか)を設立する。現在は大学にて経営学を学び医療、介護業界における新しい経営の在り方についても先進的に取り組んでいる。また阪神間において多数の訪問事業、通所介護事業、地域密着型事業を運営し、行政からの委託事業などの実績も豊富である。利用者や社員など、一人でも多くの「やりたい」を実現すべく、更なるサービスイノベーションを目指している。
詳細はこちら

ウェブマーケティングという茶番

  • 書籍分類: 経営者新書
  • クライアント:後藤ブランド株式会社
  • 著者:後藤晴伸

制作の背景

インターネットが生活にすっかり浸透し、検索順位を上げたり、広告から商品の購入に直結させることを請け負うウェブマーケティング会社が増えています。しかし、中には効果が出ないウェブマーケティングを顧客に提案し続け、毎月の管理費を受け取り続けたり、大手広告代理店の中には下請けだけでなく孫請けやひ孫請けと外注を何階層にも行い、顧客への請求額を無駄に膨らませているだけのところも少なくありません。依頼者側もウェブの知識が乏しいために、業者側に丸投げし、言われた通りに契約し続けてしまうことも問題に拍車をかけています。業界に身を置く著者だからこそ知りえるウェブマーケティング業界の闇を抉る一冊です。

●著者プロフィール●
後藤 晴伸(ごとう はるのぶ)
青山学院大学国際政治経済学部を卒業後、凸版印刷株式会社入社。
電通・電通テック担当として、大手企業の紙媒体を中心とした広告制作を担当。大手インターネット広告代理店、株式会社セプテーニへ転職し、SEMコンサルタントとして数十社のリスティング広告の運用を担当。
その後、取締役としてウェブマーケティング会社の立ち上げに参画。孫請け、ひ孫請けとしてウェブマーケティングに携わる中、業界特有の構造への疑問が強くなり、2014年に独立し、後藤ブランド株式会社を設立。
経営改善にまで踏み込んだ提案力、クライアント企業への遠慮のない物言いで、数々の中小企業の売上増に貢献。 後藤ブランド株式会社代表取締役。
詳細はこちら

大本命 テキサス不動産投資

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:リーバンズコーポレーション
  • 著者:ニック市丸

制作の背景

成熟経済であり、人口も減少フェーズに入った日本では、国内市場のパイは縮小を続け、不動産マーケットの未来も決して明るくはありません。さらに1000兆円を超える財政赤字、超高齢化社会における社会保障費の増大、特に富裕層をターゲットとした課税強化など、日本で資産を持ち続けることに不安感を抱く人が増え、資産の新たな運用先として海外不動産に投資する動きが過熱しつつあります。そんな中、必ず資産を増やせる投資先としてテキサス不動産を紹介すべく、制作をスタートいたしました。

●著者プロフィール●
ニック市丸(にっく いちまる)
1953年生まれ。米国在住39年。カリフォルニア州を拠点に保険・証券・不動産などの活用テクニックを指南するファイナンシャルアドバイザーとしてキャリアを積む。2002年、ロサンゼルスのトーランスに、日本人向けに海外資産保有のトータルコンサルティングを行うリーバンズコーポレーションを設立。1000ユニットを超えるテキサスの管理不動産は、すべて日本人が購入している。不動産の豊富な販売・仲介・管理実績を持ち、米国居住者以外の信託活用法など、不動産保有にかかる関連アドバイスにも強みがある。著書に『本命 米国不動産投資』(幻冬舎メディアコンサルティング)。
詳細はこちら

医師がハッピーリタイアするための不動産投資成功バイブル

  • 書籍分類: 単行本
  • クライアント:リアルコンテンツジャパン
  • 著者:古川晃
  • 監修:白岩克也

制作の背景

診療報酬改定後、医師の資産形成の重要性が高まっています。 毎日が忙しく、過酷な仕事を続ける医師が、家族と一緒に過ごす時間やセカンドライフを望むのも自然なことです。 著者である古川晃氏は、行政書士としての枠を越え、医療法人設立を軸としながら、医師や歯科医の方々の資産形成をサポートしてきました。著者の「不動産投資こそが多忙な医師の早期資産形成に最適な手段である。正しい資産形成法について知ってほしい」という思いから、本書は執筆されました。

●著者プロフィール●
古川 晃(ふるかわ ひかる)
リアルコンテンツジャパン代表。東京都行政書士会所属 行政書士。 神奈川県川崎市出身。日本大学法学部卒。大学卒業後、法律事務所に勤務し、法人設立およびそれに付随する許認可手続を担当。現在に至るまで、延べ350件の法人設立に携わる、法人設立、許認可のエキスパート。 また、行政書士としての枠を超え、ランチェスター戦略コンサルタントとして歯科、医科、士業、介護等の事業所の経営コンサルティング、セミナー講演を多数行う。 専門分野は医療法人設立と、介護保険事業者指定等の法務手続。
詳細はこちら

相続争いは遺言書で防ぎなさい [改訂版]

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:大坪正典税理士事務所
  • 著者:大坪正典

制作の背景

前著『相続争いは遺言書で防ぎなさい』を出版後、反響が多く、今後もブランディングツールとしての活用を希望されています。税制改正に伴う数値等の変更、事例の追加をして、息の長い一冊したいという想いから改訂版の刊行に至りました。

●著者プロフィール●
大坪 正典(おおつぼ まさのり)
税理士。大坪正典税理士事務所所長。神奈川県横浜市出身。相続、事業継承、都市開発、企業再生支援業務などを中心に携わる。他士業とのコラボレーションによるワンストップサービスを提供。著書に『もめない相続ABC』(共著、日本相続新聞社)、『はじめての相続・贈与』(共著、明日香出版社)などがある。
詳細はこちら

開業医の相続対策は「奥様」がやりましょう

  • 書籍分類: 新書
  • クライアント:ライフ・プロデュース
  • 著者:芹澤貴美子

制作の背景

著者の芹澤氏は、大手生命保険会社で10年間、全国2位の成績を誇るトップ営業として、2000名以上の顧客のライフプランニングや相続・事業(医業)承継に携わってきました。そのサポートによって円満相続を叶えることができた開業医一家も、数多く存在します。 氏はそのキャリアの中で、開業医の家庭が一般家庭より多くの相続リスクを抱えていること、そのようなリスクを回避するためには「院長夫人」のはたらきが不可欠であることを確信しました。 なぜなら夫人の多くは、院長が知り得ない家族の人間関係を細かく察知・把握しているからです。また女性ならではのコミュニケーション能力で、家族の橋渡し役を担うこともできます。そして何よりも“母”としてどの子にも分け隔てなく心を砕き、全員の幸せを願って無償の愛で動くことができるのです。 一族の明るい未来をつくるのは、ほかでもない「院長夫人」自身である――そんな著者の強い想いから、本書は誕生しました。

●著者プロフィール●
芹澤 貴美子(せりざわ きみこ)
相続・事業(医業)承継コーディネーター。フィナンシャルプランナー。淑徳大学卒業後、養護学校教員を経て、日本を代表する大手生命保険会社に入社。全国2位の成績を誇るも、顧客を守るため2003年10月、株式会社ライフ・プロデュースを設立。「お客様が人生をかけて築いてこられたもの、想い、そしてお客様自身を守る」という理念のもと、2000人以上のライフプランニング、100社以上の法人コンサルティングを実施、サポートし続けている。コンサルタント養成塾も主宰し、業界への教育事業を推進している。 著者自身も相続を経験し、獣医師と大手木造住宅メーカーに勤務する2人の息子がいる。次世代につなげる様々な活動を実践し、特に医師家族の相続対策に強みをもっている。単なる節税だけではなく、気づきにくいリスクを読み解き、未来を守る知識がある。顧客一人ひとりの「想い」に沿ったコンサルティングは評判を呼び、日本のみならず、世界各地から相談に訪れる家族が後を絶たない。
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼