クライアントインタビュー

トップページ > クライアントインタビュー > 株式会社三井開発

株式会社三井開発

住宅業界での差別化を実現、商圏が拡大!

株式会社三井開発
書籍 『一生満足できる一戸建て選び』
クライアント 株式会社三井開発

ご担当者 三井明氏

1951年(昭和26年)、東京都台東区生まれ。自営業に従事した後、29歳から注文住宅の営業に携わり、大成建設住宅事業部を経て、36歳で株式会社三井開発を起業。若い世代を育てながら、お客様に喜ばれる仕事をすることを目標に、34年間建築に携わる。

出版前の状況

私は異業種から住宅業界に入ってきた人間ですから、良い意味で業界の常識に染まらず、独自の戦略で売上を伸ばしてきました。たとえば建売住宅は、収納が少なくても部屋面積の広い家が魅力的に見えるものです。これは低コストで安価な住宅を提供する大手ハウスビルダーの常套手段であり、集合住宅に住んでいた消費者に好まれやすいという住宅ビジネスの常識です。 ところが住み始めてみると、使い勝手が悪かったり、住みにくさを感じたりするのです。だから私は「永住住宅」という 理念を掲げて、質の高い家づくりで差別化を図ってきました。今後さらにお客様を増やしていくために、どうすれば自社の良さをより広く伝え、差別化できるるのか。そんな想いがある中で書籍という手段に出合い、出版を決めました。

出版後の効果

反響は予想以上です。これまでマーケットとしていなかった地域からも、書籍を読んで当社にお問い合わせ頂くお客様が増えました。私は直接営業にあたっているわけではありませんが、「社長にお目にかかりたかった」などとおっしゃって下さる方もいるようです。ファンというと気恥ずかしいのですが、私の考え方に深く共感して下さる方が確実に増えており、大変嬉しく思います。

出版を検討している企業へのメッセージ

今は良いものを作れば売れるという時代ではありません。建売住宅の業界でいえば、差別化ができなければ大量の広告をうって年間2万棟を販売している大手企業のビジネスの中に、私たちのような年間100棟規模のビジネスは埋もれてしまいます。たとえ商品の質に自信があっても、質の高さを知らしめることができなければ売れないのです。自分の考えや理念をしっかりと記し、確実にファンを増やせる書籍の力は他の広告媒体では得難いものですし、全国の書店に並ぶ効果も想像以上です。これから出版を検討されている皆様にも、その魅力をぜひ知ってほしいと思います。

書籍の内容

<マイホームは、一生に一度の大きくて大切なお買い物>
・購入から何年もたたないうちに頻繁に修繕が必要になった ・子育てに不安がある ・近隣の環境が劣悪化した…etc. 失敗したくないと誰もが思う家選び。しかし、せっかくマイホームを購入したのに、住んでみたら一生満足できる住まいとは言えない家だった…そんなケースも少なくありません。 一戸建て選びのポイントは、質の高い家を建ててくれる業者、安全で便利に住める土地、快適で使い勝手のいい間取り・資材を選ぶこと。 本書では、特に都心近郊に住む人々に向けて、50年住んでも不満を感じない分譲建売住宅の選び方を解説。土地の仕入れから住宅販売業界の仕組みまで、35年にわたって住宅の企画・設計・販売を手掛けてきたプロならではの視点で解き明かします。 住宅メーカーのセールストークだけでは知ることができない、「そうだったのか」と納得する情報が満載。一生の住まいを間違いなく選びたい子育てファミリーにとって必読の一冊です。

事例情報

一生満足できる一戸建て選び

  • クライアント:株式会社三井開発
  • 著者:三井明
詳細はこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求

見積り依頼