東野産婦人科様 メディア掲載情報 「読売新聞」

東野産婦人科様
『知っておくべき 産後の妻のこと』が 2020年8月8日「読売新聞」のくらし家庭コーナーに掲載されました。

東野 純彦氏プロフィール

著者名
東野 純彦
著書名
知っておくべき産後の妻のこと

著者プロフィール

東野産婦人科院長
1983年久留米大学医学部卒業後、九州大学産婦人科教室入局。1990年国立福岡中央病院に勤務後、東野産婦人科副院長に就任。
その後、麻酔科新生児科研修を行う。1995年同院長に就任。
東野産婦人科では“女性の一生に寄り添う。これまでも、これからもずっと。”をテーマに、
妊娠・出産・育児にかかわらず、思春期から熟年期、老年期まで女性の生涯にわたるトータルケアを目指す。
お産については家庭出産と医療施設の安全管理の長所を活かした自然分娩を提唱。
フリースタイル分娩、アクティブバースの推進など、母親の希望の出産に合わせてサポートしている。
また、赤ちゃんとの関わり方が分からない父親のための「赤ちゃんサロン~パパ&ベビークラス」や、育児における父親の役割を学ぶための「父親教室」なども開催。
子育てに取り組む夫婦にしっかり寄り添うクリニックとして定評がある。

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら