企業出版(ブランディング出版):HOME > ブランディング・マーケティング用語集 > 【SWOT分析】

【SWOT分析】

SWOT分析とは

SWOT分析とは、マーケティング戦略などの企業がとるべき戦略を導き出すための分析のフレームワークのひとつです。

(内部要因)

Strength:強み Weakness:弱み

(外部要因)

Opportunity:機会 Threat:脅威

SWOTとは、上記4つの言葉の頭文字をとっています。

SWOT分析する上で必要なこと

「強み」「弱み」は、「ヒト」「モノ」「カネ」といった自社の経営資源を中心とした内部要因を分析したうえで、それらが外部要因に対してどれだけ有利な状態にあるかを客観的に分析します。

強みと弱みの部分は自社の経営資源であるため、自社でコントロールができるという側面を持ちます。
しかし、自社としては強みであると認識していたとしても、外部要因と比較した際に優れていなければそれは強みにはなりえません。
また、強みは技術革新や大手競合企業の参入などの外部要因によって、直ちに損なわれてしまうものもあることを認識していなければいけません。

対して、「機会」「脅威」は外部要因の分析です。
「経済状況」「技術革新」「競業他社」「規制」といった観点から分析を行います。
脅威については企業の捉え方次第で脅威のまま残るか、チャンスに変わるかが分かれるところでもあります。

外部要因については自社でコントロールができません。
外部要因の変化が自社にとってプラスに働くこともありますが、同様の戦略をとる競合他社も同じく恩恵を受けるため、一概に外部要因の大きな変化がそのまま大きなチャンスになるとは限りません。

このような内部要因と外部要因まとめた表を作成して分析することで、自社がとるべき戦略と行動を具体化させ、実行に移していくことをSWOT分析といいます。

どの要素を分析する場面でも、できうる限り「客観性」を保つ必要があります。
また、何を目的としてSWOT分析を実施するのかというゴールを明確にした上で分析に臨むことが求められます。