企業出版(ブランディング出版):HOME > ブランディング・マーケティング用語集 > 【ストーリーブランディング】

【ストーリーブランディング】

ストーリーブランディングとは

ストーリーブランディングとは、ストーリー(物語)の力を使ったブランディング手法のひとつです。
テレビ番組でいえば、“プロジェクトX”や“情熱大陸”などがストーリーの力を活用しています。

企業におけるストーリーブランディングのメリット

企業のストーリーブランディングについて考えてみましょう。
企業が他社にない独自性を発見することは、決して簡単ではありません。
しかし、自社と似たサービスを提供する企業は他にも存在するかもしれませんが、
創業エピソードが全く同じ企業は存在しません。
同様に、そこで働く従業員とお客様のストーリーも、全く同じものはないでしょう。

創業したときや企業が“ピンチ”に陥ったとき、商品を開発するときに、必ずストーリーが生まれます。
これは、企業規模や創立からの歴史の長さに関係なく、企業活動の中でどの企業にも生まれるものです。
つまりストーリーブランディングは、限られた資源で差別化を実現しなければならない中小企業やスタートアップ企業にとっても、比較的採用しやすいブランディング手法だといえます。

ストーリーブランディングのメリット

ストーリーブランディングのメリットは、「記憶に残りやすい」ことです。
ストーリーを活用することで、読者の共感を生み、伝えたい情報を記憶に残りやすい形に変換することができます。

さらに、正しく伝えることが難しい内容の理解を助けることができる点や、宣伝らしさを感じさせることがなく、スムーズに受け入れられやすい点も、ストーリーを活用する大きなメリットだといえるでしょう。