企業出版(ブランディング出版):HOME > ブランディング・マーケティング用語集 > 【印税】

【印税】

印税とは


印税とは、音楽や出版物について、著作権者が著作権の使用料として受け取る金銭のこと。
音楽であれば作詞家や作曲家、歌手などが、出版物であれば作家などが印税を受け取ります。

出版物の印税について


印税は、出版物の定価(円)×部数(部)×割合(%)の式で求められます。
この場合の部数には二通りあり、「発行部数」「実売部数」とよばれる二つの部数です。
「発行部数」に応じて支払われる部数は「発行印税」または「刷り部数印税」といい、著者に有利な印税です。
売れ行きにかかわらず、発行部数に応じて、一定の印税が支払われます。

対して、「実売部数」に応じて支払われる部数は「売上印税」といい、出版社側に有利な印税です。
売上印税の場合、初版で発行した部数については一定の印税が保証される「初版保証」がなされている場合もあります。

また、電子書籍には、読まれたページごとに一定の印税が支払われるケースもあります。

割合については、出版社や著者によってさまざまです。
一般的に、新人作家であれば5%から10%で、ベテラン作家であれば10%以上になることもあるといわれます。