企業出版(ブランディング出版):HOME > ブランディング・マーケティング用語集 > 【リブランディング】

【リブランディング】

リブランディングとは

リブランディングとは、既に構築された商品・サービス等のブランドを再構築・再定義し、更なる効果を発揮するブランドへ昇華させること

どんなに素晴らしい商品やサービスが存在し、確固たるブランドを確立できていようとも、時代や顧客ニーズの変化に応じてブラッシュアップを行わなければ次第にその価値は下がってしまいます。
「新しいコンセプトで商品をPRしたい」「ブランドイメージを変えたい」「売上が落ちている商品・サービスのテコ入れをしたい」「主軸となるターゲットを変えたい」。
そんなときに検討するべき手法がリブランディングです。

リブランディングのメリット

リブランディングが新規ブランドの構築と異なる点は、既に確立されたブランドが存在しているということです。
通常、ブランドの構築には長い時間と労力、資金がかかりますが、既にブランドが確立している商品・サービスが存在するならばそれを活用したリブランディングの手法をとることで上記の様なコストを削減することができるのです。

リブランディングを行うためには消費者への露出が必要になりますが、従来のブランド戦略とはまた異なった手法をとることもブランドポジションの変更につなげやすいポイントです。

リブランディングのポイント

リブランディングを成功させるために行うべきことはシンプルです。
それは、ブランドの現状を客観的な視点から把握をすることです。
新しいブランドの立ち上げとは違い、リブランディングは今まで積み重ねてきた従来のブランドの成果を評価し、顧客ニーズの変化や市場の変化などの外部要因の分析を行い現状にフィットしないポイントを精査する必要があるのです。

外部環境の市場と競合の分析を行う3C分析や、4P戦略、SWOT分析などの各種マーケティング分析を行う他、売り上げの変化や季節性の影響等を見て自社のブランドが置かれている状況や、消費者からどのように認知されているのかを正確に把握することが肝心です。

分析の結果、商品やサービスが従来の消費者に受け入れられなくなっている場合は、ターゲット層を変更したり、消費者に対する訴求点を変更することでイメージを刷新することを検討するべきです。