ブランディング・マーケティング用語集

【文庫本】

文庫本とは、単行本よりも一回り小さいサイズ(A6サイズ)の書籍のこと。
一般的に、単行本が発売された後、数か月から数年の期間を経て、単行本の内容が文庫本化されます。
近年では、書き下ろしといわれる、単行本や文芸誌で発表されていない作品が文庫本で発売されるケースもあります。

出版社ごとにレーベルを持っており、幻冬舎文庫、岩波文庫、ちくま文庫、新潮文庫、集英社文庫、講談社文庫など、出版社ごとに社名を冠した文庫本のレーベルをもっています。
書店では、レーベルごとに配架されるケースも多いです。

文庫本のメリット

・小さく軽いため、持ち運びしやすい
・単行本に比べ、安価で購入できる

文庫本のデメリット

・単行本に比べ、丈夫さに欠け、長期保管に向かない
・一般的に、単行本で出版された後、一定期間を経て文庫化されるため、発売まで時間がかかる

サービス案内資料のご案内

弊社サービス内容を知りたい方は以下フォームよりサービス案内資料を
ダウンロード頂き、ご参照ください。

資料ダウンロードはこちら

お問い合わせ・資料請求

ご不明な点や企業出版のご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

TEL03-5411-6440

平日 9:30〜18:00(年末年始・GW・夏季・冬季期間を除く)

資料請求・お問い合わせフォーム

無料お見積もり

お客さまの求める課題解決の内容によって、制作費用は異なります。
まずはお気軽にご相談ください。

お見積もりはこちら