企業出版(ブランディング出版):HOME > ブランディング・マーケティング用語集 > 【IPO】

【IPO】

IPOとは

IPOとは、「Initial Public Offering」の略で、未上場企業が株式を証券取引所に上場し、一般投資家でも自由に株式を売買できるようにすることをいいます。

企業は上場する際に、新たに株式を公募したり、上場前に保有していた株式を売りに出したりします。
IPOとはこれらの新規公開株を指します。

上場するということは、会社が創業者の手を離れて、社会一般のものになることを意味します。
さまざまな人から株式を買ってもらえるようになるということはつまり、さまざまな人の意見を受け止めなくてはいけないということでもあります。

上場により企業は資金面や知名度、企業イメージといった面において大きなメリットを享受することができますが、情報開示やこれまでとは異なるステークホルダーの登場など、さまざまなリスクとも向き合う必要があります。


IPOのメリット

・社会の信用が高まる
・大規模な資金調達が容易になる
・知名度が上がる
・採用応募数の増加
・従業員の財産形成
・経営体質の強化

IPOのデメリット

・経営意思決定のスピード・自由度の低下 ・社会的責任の増大
・株主対策
・IPO前後の費用負担
・買収リスク
・訴訟リスク

上場するために必要なこと

上場するためには、取引先と潜在的な顧客だけではなく、今までは関係のなかった一般の人々(投資家)に対し、「自分たちは何に強みを持った会社であり、今後どのような成長をするのか」、そのイメージを伝え、理解してもらわなくてはいけません
また、上場に向かって従業員の結束を固めていくことも重要です。
既に知名度の高い企業も、一般消費者に向けたPRをしてこなかったBtoB領域の企業も等しく、魅力的な企業メッセージとその最適な伝え方について、会社案内や営業資料の隅々まで見直し、企業ブランドを強化することが必要となります。