企業出版(ブランディング出版):HOME > ブランディング・マーケティング用語集 > 【消費者インサイト】

【消費者インサイト】

消費者インサイトとは

コンシューマーインサイト、カスタマーインサイトともいいます。
インサイトとは「洞察」という意味を持ち、消費者インサイトとは、単純にいえば「消費者自身も気づいていない本音や隠れた動機」のことを指します。

マーケティングを行う側は、消費者の悩みを深く理解し、そこを起点に商品やサービスを検討させ、購入して貰うための戦略を描きます。
ターゲットが重視するのは安さなのか、クオリティーなのか、親近感なのか。
最も適した戦略を選び、成果に繋げなくてはいけません。

しかし、消費者の最終的な選択の多くは、無意識に行われているといわれています。
「なんとなくおいしそうだから」、「安い気がしたから」、「新しいと感じたから」、「CMのタレントのファンだから」……
私たちが選択する理由はその時々で変化します。
必ずしも最も優れた製品・サービスが選ばれるとは限らないのです。
そこで、「なぜ消費者はその製品を選ぶのか」に対する深い考察、つまり消費者インサイトを知ることが重要となります。


消費者インサイトを知るために

消費者インサイトを知るためには、その傾向を数値やお客様の声をもとに分析し、「なぜ」の部分を深く掘り下げなくてはいけません。

最も一般的な方法はアンケート調査です。
街頭インタビューよりも、近年はネット調査が一般的です。
これまで蓄積されてきたビッグデータを分析する方法もあります。
数値をもとにした分析の他には、人の購買プロセスをその順を追いながら分解して心理を探る方法があります。


AIDMA(アイドマ)とは

Attention(注意)→Interest(興味)→Desire(欲求)→Memory(記憶)→Action(行動)


AISAS(アイサス)とは

Attention(注意)→Interest(関心)→Search(検索)→Action(購買)→Share(情報共有)