企業出版(ブランディング出版):HOME > ブランディング・マーケティング用語集 > 【ダイレクトマーケティング】

【ダイレクトマーケティング】

ダイレクトマーケティングとは

いまや世界60か国以上に展開するマーケティング企業「ワンダーマン」代表のレスター・ワンダーマンが1961年に提唱した広告手法です。
「メッセージを伝えること」を目的としていた従来の広告とは異なり、顧客からのダイレクトな反響を獲得することを主眼においたものです。

イメージ広告や意見広告などよりも営業色の強いメッセージ訴求を行うものが多く、主に通信販売やIT、自動車、金融などの業界で用いられています。

主な手法としてはダイレクトメールや、メールマガジン、WEB広告などを用いるが、テレビや雑誌、新聞や書籍出版などのマスメディアを活用したブランド構築も重要となります。
ダイレクトマーケティングで重要なのは顧客との関係性継続であり、広告費を経費として考えずに投資と回収の関係で捉えることに特徴をもちます。