ブランディング・マーケティング用語集

【コアコンピタンス】

コアコンピタンスとは

コアコンピタンスとは、企業活動における「競合他社と圧倒的に差別化されている能力」「競合他社が模倣不可能な中核となる能力」を指します。

経営思想家であるゲイリー・ハメル(米)と経営学者のプラハラード(印)がアメリカ合衆国の経営学誌ハーバード・ビジネス・レビューへ共同寄稿した「The Core Competence of the Corporation」という論文の中で用いられ、その後経済界に広まった概念です。「顧客に特定の利益をもたらす技術、スキル、ノウハウの集合である」と説明されています。

コアコンピタンスをもつ企業の条件

上記論文では、下記の3つの条件を満たす企業の能力のことであると定義されています。

・顧客に何らかの利益をもたらす能力
・競合相手に模倣される可能性が極めて低い能力
・複数の商品・市場に導入できる能力

日本国内におけるコアコンピタンスの具体例としては、「ホンダのエンジン技術」、「ソニーの小型化技術」、「シャープの液晶技術」などがあげられます。

サービス案内資料のご案内

弊社サービス内容を知りたい方は以下フォームよりサービス案内資料を
ダウンロード頂き、ご参照ください。

資料ダウンロードはこちら

お問い合わせ・資料請求

ご不明な点や企業出版のご相談は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

TEL03-5411-6440

平日 9:30〜18:00(年末年始・GW・夏季・冬季期間を除く)

資料請求・お問い合わせフォーム

無料お見積もり

お客さまの求める課題解決の内容によって、制作費用は異なります。
まずはお気軽にご相談ください。

お見積もりはこちら