企業出版(ブランディング出版):HOME > ブランディング・マーケティング用語集 > 【ブックマーケティング】

【ブックマーケティング】

ブックマーケティングとは

書籍が持つ信頼性と、出版社が持つ販路を生かした企業のマーケティング手法のことを指します。
企業が持つ特別な技術・実績をノウハウという形で読者に届けるほか、企業としての強みを物語に変換する、ビジュアルで見せるなどその形を最適な形に整理し、一冊の書籍として完成させてマーケティングに活用します。


ブックマーケティングで実現できること

・専門家としての知名度・ブランド力向上

出版社や取次を経由して紙媒体として世に出た情報は、発信のハードルの低いインターネット上の情報と比較し、信頼性の高い情報として受け取られます。
また、書籍を出版した著者は「その分野の専門家」として認識されるようになります。
一般に流通されている書籍の著者であるということは高いブランド価値を生みます。
特定分野における出版経験者としての価値は時間の経過とともに下がることはなく、長期的に効果を発揮します。



・顕在層へのアプローチ

情報収集に書籍を活用するのは、特定の分野における深い情報が必要な状況です。
お金をかけて正しい情報を豊富に収集する段階にある読者は、頼れる専門家を探し求めている「見込み客」と言えます。
書籍を使ったマーケティング活動は、浅い情報を集める雑誌広告やインターネット広告に比べリーチは狭いですが、顧客化までが近い見込み客にピンポイントでアプローチが可能です。



・メディアへの露出効果

書籍を出版することは、新聞・雑誌・WEBサイトなど、様々な情報メディアとの関係を築くために有効です。
各メディアは大量の情報コンテンツを絶えず必要としていますが、その情報は信頼できるものでなくてはいけません。
エビデンスのない情報や、信頼性に欠ける発信者の情報の掲載にはリスクがあるため、企業からのアプローチに対し、必ずしも協力的ではありません。
しかし、出版社から書籍化された情報には高い信頼性があります。
出版社と媒体は強固な関係性を築いているため、出版した著者とその企業の情報はスムーズに各メディアに取り上げてもらうことができます。



マーケティング手法としての特徴

ブックマーケティングのメリット
・信頼性が高い
・効果が長い
・有形である強みを持つ
・第三者が入った中立性がある
・豊富な情報量
・高いターゲティング精度
・能動的に受け入れられる



ブックマーケティングのデメリット

・書き換えができない
・準備に時間を要する
・トレンドの影響を受けるテーマであれば鮮度が落ちる
・短期間におけるリーチ数が小さい
・受動的なターゲットに届きにくい