企業出版(ブランディング出版):HOME > ブランディング・マーケティング用語集 > 【4P分析】

【4P分析】

4P分析とは

4P分析とは、マーケティング戦略基礎理論のひとつです。
4Pとは以下の4つの領域の言葉の頭文字のPを取ったものです。


「Product:製品」

何を売るのか?
取扱うモノの種類、品質、オリジナリティ、デザイン、ブランドなど

「Price:価格」

いくらで売るのか?
モノを構成する原価、人件費、管理費、収益、支払い方法、分割・値引き条件など

「Place:流通」

どこで売るのか?
モノを動かすための物流、販路、立地、在庫管理方法、配送パターンなど

「Promotion:プロモーション」

どのようにして売るのか?
モノを売るための広告宣伝、営業活動、販促物、広報など



「何を」「いくらで」「どこで」「どのようにして」売れる仕組みをつくりあげるのか、それぞれを分析することによって戦略を導き出すことを4P分析といいます。
これらの複数の要素を組み合わせてアプローチすることから「マーケティングミックス」とも呼ばれています。

企業としては価格競争は避けたいものですが、高い価格で製品・サービスを売っていくことは簡単ではありません。
しかし、4P分析を行うことで、市場で有利な状態をつくり出すことが可能となります。

現在必要とされているけれど消費者が手に入れにくいものは何か、低単価以外に打ち出せるものはないか、ターゲットが集まる場所はどこなのか、そしてそのターゲットに効率よくアプローチする方法は何なのか。

モノをつくってからプロモーション戦略を練るのではなく、自社のリソースと競合の4P戦略を比較してこれらを十分に分析した上で製品・サービスを開発していくことが重要です。