不動産投資セミナー集客150人を実現!30件以上の受注を獲得! | 企業出版ダントツNo.1の幻冬舎メディアコンサルティング
×

不動産投資セミナー集客
150人を実現!
30件以上の受注を獲得!

不動産売買・住宅集客・採用本

武蔵コーポレーション株式会社

大谷義武 氏

1975年、埼玉県熊谷市生まれ。東京大学経済学部卒業後、三井不動産株式会社に入社。商業施設やオフィスビルの開発・運営など、最先端の不動産業務に携わる。
2005年12月に同社を退社し、武蔵コーポレーションを設立。

1. 不利益を被った投資家を救いたい

会社設立から3年を経過したころ、出版を具体的に考えるようになりました。事例がかなり蓄積され、プロでしか知りえない情報や不動産投資業界ならではの慣習・ルールを体系立てて説明する材料がそろってきたからです。

一方で、われわれの顧客となる個人投資家は、正確な知識・情報を得る機会に乏しく、弊社にお越しになる以前に不利益を被った経験をお持ちの方も少なくない現実がありました。
不動産投資関連の書籍は投資家目線で書かれたものが多く、不動産を扱う専門家の立場で執筆されたものはほとんどありません。

そこで、われわれのノウハウを一冊の書籍にまとめることは、世の投資家の方々の一助となるのではないかと思い、出版を決意しました。

2. 社会状況に合わせた、最新のアパート事業のポイントを一冊に凝縮

リーマンショックを境に、終身雇用の崩壊や年金・社会保障への不信といった背景から、将来の経済的安定に不安を覚える人は出版当時よりも確実に増え、副収入としての「アパート事業」による資産形成ニーズも高まっています。
そこで現在の市況や融資状況などの最新の情報を反映し、より実用性を高めるべく、第1版の内容に最新情報を加えた改定版を制作いただきました。

不動産会社の選定方法、物件の探し方、資金調達の仕方、取得後の運用術など、アパート事業の基本はもちろん、中小企業金融円滑化法(通称:モラトリアム法)終了後の市況分析や最新の管理方法など、まさに現在の社会状況にあったアパート事業のポイントを一冊に凝縮しています。

▲「年収1000万円から始める」「オーナー社長のための」などターゲットを絞ったタイトル付けを提案。受注確度の高いターゲットからの反響を狙った。
▲プロパティマネジメントや減価償却による節税など、独自の手法を取り上げつつ、たしかな実績に基づくノウハウを提供することで、著者への興味関心を喚起させる構成に。

3. 新聞広告×出版記念セミナーで、大々的な展開に

顧客ターゲットである年収3,000万円以上の経営者・医者の目に触れるようアプロ―チ頂きました。
当時は著名人しかやっていなかった「出版記念セミナー」を企画。
そしてビジネスマンが良く読む日経新聞の全五段広告で、セミナー開催日時と書籍出版の内容を大々的に打ち出すことを出版社からご提案いただきました。
また新聞を見たターゲットが書店に訪れることを想定し、書店で圧倒的に目立つよう大型展開も実施。広告からセミナー集客まで、緻密に計算された動線のおかげで、想定していた参加人数を大幅にオーバーし、200名以上の方にご参加いただけました。

また、新聞広告に「書籍購入者は、セミナー参加無料」という内容を記載したため、セミナー参加者のほとんどが書籍を持参。
つまり、本を読み内容を理解した上で、セミナーに参加いただいたわけですね。
そうすることによって、より深い内容をセミナーで伝えることができ、結果としてセミナー参加者から、30人以上の方とご契約することができました。

▲新聞広告を定期的に打ち出すことで、刷り込み効果を狙った。
▲ターゲットの目線を奪うために、過去出版した書籍も一緒に書店で大型展開。
▲同社HPにて書籍プレゼント欄をご提案。月間1,500件のリードを獲得され、テレアポの必要性がなくなったことで負担が軽減。

出版後の効果

ひとつは営業効果です。これは出版を決めたときからある程度、期待を込めていた部分ですが、実際にお客様からの引き合いは増えました。量の問題だけでなく質の面からも、事前に書籍を読んで不動産投資の基本、弊社のスタンスを理解したうえでご来社いただけることは、目に見えない効果だと思っています。もちろん、HPや自主制作のDVDなどもそのように狙って作成してはいますが、やはり書籍は読み手の理解深度が違います。

これまでかなりの時間を割いていたそうした基本的な部分の説明を、書籍に委ねることによって営業の効率化につながっています。商談もスムーズですし、なによりこれは、弊社にとって単に都合がよいだけでなく、むしろ本業で多忙なお客様にとって有益なのではないでしょうか。

セミナーの集客についても定員をすぐにオーバー。昨今、投資関連のセミナーは数がかなり多いこともあり、大手や有名企業を除いては、単独主催で100人超を集客するのは至難の業でしょう。しかし、出版後に告知した弊社主催のセミナーは、広告費を一切かけずに150人を集客。席を200に増やして対応する予定です。

出版前にはあまり想定していなかったのですが、採用にも効果があったことはちょっとうれしい誤算でした。弊社はまだまだ規模も小さく、優秀な学生さんが積極的に採用試験を受けてくれるまでには至っていません。しかし、本を読むことで弊社の理念に共感し、ビジネスの面白さに魅力を感じたといった声が実際に出てきています。

また、就職活動を心配する親御さんに安心していただくことにも、書籍は役立っています。同じようなことは既存社員に対してもいえるようで、会社の方向性を経営者が具体的に示すことによって、以前にも増して安心して働けるようになったのではないでしょうか。

その他の反響としては、某ネット証券大手の代表の方が、ご自身のブログで本書の感想を綴ってくださっていました。直接、面識のない方ですが、偶然、書店で見かけて購入されたようなのです。金融・投資のプロ中のプロであり、著書数も豊富な方に目に留めていただけたことは、うれしい限りです。

4. 30件以上の受注を獲得 出版記念セミナーでは200名以上が来場

出版後の効果としては、ひとつは営業効果です。これは出版を決めたときからある程度、期待を込めていた部分ですが、実際にお客様からの引き合いは増えました。量の問題だけでなく質の面からも、事前に書籍を読んで不動産投資の基本、弊社のスタンスを理解したうえでご来社いただけることは、目に見えない効果だと思っています。もちろん、HPや自主制作のDVDなどもそのように狙って作成してはいますが、やはり書籍は読み手の理解深度が違います。

これまでかなりの時間を割いていたそうした基本的な部分の説明を、書籍に委ねることによって営業の効率化につながっています。
商談もスムーズですし、なによりこれは、弊社にとって単に都合がよいだけでなく、むしろ本業で多忙なお客様にとって有益なのではないでしょうか。

セミナーの集客についても定員をすぐにオーバー。昨今、投資関連のセミナーは数がかなり多いこともあり、大手や有名企業を除いては、単独主催で100人超を集客するのは至難の業でしょう。しかし、出版後に告知した弊社主催のセミナーは、広告費を一切かけずに150人を集客。
席を200に増やして対応する予定です。

出版前にはあまり想定していなかったのですが、採用にも効果があったことはちょっとうれしい誤算でした。弊社はまだまだ規模も小さく、優秀な学生さんが積極的に採用試験を受けてくれるまでには至っていません。しかし、本を読むことで弊社の理念に共感し、ビジネスの面白さに魅力を感じたといった声が実際に出てきています。

また、就職活動を心配する親御さんに安心していただくことにも、書籍は役立っています。同じようなことは既存社員に対してもいえるようで、会社の方向性を経営者が具体的に示すことによって、以前にも増して安心して働けるようになったのではないでしょうか。

その他の反響としては、某ネット証券大手の代表の方が、ご自身のブログで本書の感想を綴ってくださっていました。直接、面識のない方ですが、偶然、書店で見かけて購入されたようなのです。金融・投資のプロ中のプロであり、著書数も豊富な方に目に留めていただけたことは、うれしい限りです。

5. 出版を検討されている方へのメッセージ

ビジネスに一番必要なものは「信用」ではないでしょうか。書籍の出版は対顧客、対取引先との関係を築くうえで、大きな後押しになると考えています。日本経済と消費者の購買活動が成熟期を迎えたいま、自社のブランディングのためには、自分たちの立ち位置をはっきりさせる必要があります。

そんな中で情報を発信する手段を考えたとき、HPや会社案内といった媒体はもはやどの企業でも手がけており、自社発信であるがゆえに説得力に欠ける部分があると感じます。その点、書籍の場合は出版社の目が通ることになりますので、媒体の信用力という点で他より優れているのではないかと思います。多少無理をしてでも出版する価値はあるのではないでしょうか。

編集者の視点

●顧客ターゲットが富裕層だったので、あえてタイトルに「1000万円から」を入れて、確度の高いターゲットだけを狙った。

●『客観的な視点』で資産形成のポイントをまとめることで、自然と大谷社長への信頼が高まるような構成に。

年収1000万円から始める 「アパート事業」による資産形成入門 [改訂版]

大谷義武

武蔵コーポレーション株式会社

<”アパート事業”の基礎のキソ>
借入により大きな投資ができる有益な資産形成手段、それがアパート事業です。
しかも借入は、毎月の家賃収入から返済でき、返済が完了すれば、その後の家賃と土地・建物は、まるまる自分のものとなります。
本書は、不動産市況分析から不動産会社の選定方法、物件の探し方、資金調達の仕方、物件取得後の運用術など、アパート事業の基本を綴った一冊となっています。

空室率40%時代を生き抜く!「利益最大化」を実現するアパート経営の方程式 [改訂版]

大谷義武/太田大作

武蔵コーポレーション株式会社

もはや今までのやり方では、アパート経営は成り立たない

人口減少、住宅供給過剰の社会において、アパート経営は、
昔のように何もしなくても家賃が入ってきて利益の出るものではなく、
工夫しなければ利益がでない厳しい環境になっています。
そこで本書は、アパート経営における利益最大化を実現すべく、
売上を上げ、(入居者を獲得する)、得られるべき売上金を入居者から回収する(家賃、更新料を回収する)、
アパート管理運営ノウハウを実際の管理物件実例も交えて一挙に公開します。

会社の経営安定 個人資産を防衛 オーナー社長のための収益物件活用術

大谷義武

武蔵コーポレーション株式会社

中古木造アパートで実現する安定的副収入と絶大な節税効果!重税時代のオーナー社長のリスクと不安をなくす収益物件の使い方。自ら会社を経営し、ビジネスを展開する中小企業のオーナー社長にとって、経済の変化が激しく重税が課される今は苦難の時代です。もし事業がうまくいかなくなったら収入が激減。利益が出ても税金でとられてしまう。そんなリスクを同時に軽減できる魔法のツールが収益物件です。著者は独自の理論で4800戸の管理、平均入居率96%を実現し、これまでアパート経営に関する2冊の著書を持つプロ。収益物件活用の効果から、効果を得るための物件の選び方、管理の仕方まで解説します。

利益と節税効果を最大化するための収益物件活用Q&A50

大谷義武

武蔵コーポレーション株式会社

物件選びから融資、管理、税務、売却まで「知らなかった」ノウハウが満載!売買取引約600棟、管理戸数約8000戸、入居率98%を実現してきた不動産のプロがワンランク上の知識とテクニックを全公開!!
不動産投資のノウハウに関する情報は書籍やインターネットに溢れていますが、そのほとんどが教科書的な理論の解説や個人的な成功体験の一例であり、多くのオーナーが経験する実際の取引や運用の細かな真実は知り得ないものです。本書では机上の空論ではなく、実際の取引で本当に知りたいことや、起こり得るトラブル、判断に迷う場合の対処のポイントをQ&A形式でわかりやすく解説。売買取引約600棟、約8000戸を管理する著者が、実務を経験していなければ絶対にわからない対策・解決策を網羅しました。

一級建築士が教える 買ってはいけない収益物件の見分け方

大谷義武 /小林孝弘

武蔵コーポレーション株式会社

不動産投資ブームで不動産投資人口が急増する一方、投資に失敗する人も激増しました。
「強引な営業や不正融資によって、割高で低収益の物件を購入してしまった」
「高額なリフォーム費用がかかり思い描いた収益が得られない」
そんな投資家が非常に多いのです。
こうした問題は、物件選定に対する知識が抜け落ちているために起こるものです。
物件を取得するにあたっては、
「不動産的調査」(立地判断や土地の値段などの調査)と「建築的調査」(建物の傾きやシロアリの被害など、建築に関する70以上の検査項目の調査)の2つの調査が必要です。
この「建築的調査」は一級建築士が行うもので、個人投資家には難しいものです。
「どのようか観点で調査を行うべきなのか」
「どんな物件は買ってはいけないのか」
「どんな物件であれば修繕を行うことができるのか」
「修繕コストがいくらくらいかかるのか」
本書は、収益物件の建物にフォーカスし、買ってはいけない物件の見極め方を一級建築士が丁寧に解説します。

大企業は20代でやめなさい

大谷義武

武蔵コーポレーション株式会社

君は安易に進むべき道を決めていないか?
自分の力を最大限に活かすフィールドを見つけることこそ「安定」と「やりがい」を獲得する近道。大企業でさえ倒産の恐れがある今日でも、「有名大学卒=大企業入社=いい人生」というルートが理想であると信じられています。ただ、そうして大企業に入ったすべての人が、いい人生を送っているかと言えば、必ずしもそうとは言えないのが現実です。本書は、大企業を出て、「学校を作る」という人生の使命感から起業した著者が、「有能な人材を飼い殺しにしている」大企業の構造的問題を解き明かしつつ、自分の能力を最大限に生かすフィールドを見つけ、「安定」や「やりがい」を得る働き方の本質に迫ります。働く若手ビジネスマンと大企業を目指す学生に是非読んでいただきたい一冊です。

絶対に後悔しない 新卒の「会社選び」

大谷義武

武蔵コーポレーション株式会社

20代の4割以上が「新卒の会社選び」を後悔している!自分にとってベストな選択をするために、今すぐ読むべき一冊。会社は「人生の投資先」。70歳定年時代を目前にして、あなたは何をキャリア選択の基準にしますか?
新卒で入社した三井不動産を30歳で飛び出し、不動産業界でベンチャー企業を立ち上げた起業家が教える、ポスト平成時代を生き抜く就活リテラシーとは。


目的で選ぶ
業種で選ぶ
  • 金融・投資
  • 不動産売買・住宅
  • IT・WEB
  • 医療・歯科医療
  • 流通・小売
  • メーカー(toC)