• ホーム
  • 事例
  • 老舗の冠婚葬祭業だからこそできるブランディング戦略!講演依頼続々!

事例

老舗の冠婚葬祭業だからこそできるブランディング戦略!講演依頼続々!

冠婚葬祭業のブランディング、広報戦略は非常に難しいものです。


その中でも葬儀業というのは、本来人の死の尊厳と向き合う、非常に神経を使う仕事です。『人を弔う』という特殊な仕事であるだけに、社会の中では立場をわきまえ、あくまでも脇役に徹してご遺族のお手伝いをするものだと教えられてきました。

しかし、バブル崩壊以降、「儲け」を優先する新規参入業者によって葬儀の簡略化や混乱が進み、ついには葬儀不要論までが議論されるようになってしまいました。

葬儀は人の死があって初めて発生する仕事です。ですから、葬儀業を生業とするものとして、自ら情報を発信するなど、人の死を待つようなことをしてはならないと親から厳しく教えられてきました。

しかし、日本の文化である葬儀が失われつつある今、老舗の責務として「人を弔う心」の必要性を伝えるために、出版を決意しました。

一柳鎨 氏

明治10年、葬具商一柳商店として創業。130余年の実績・信頼に培われたノウハウで、安心できる葬儀を提供。葬儀は『弔い』の大切な宗教儀式という基本姿勢を貫いている。 葬儀の品質に定評がありISO9001、全日本葬祭業協同組合連合会「葬儀安心度調査」において「AAA」の最高評価を得ている。

出版後の効果

今回の書籍では、一般の方々に葬儀の重要性を伝えるだけでなく、葬儀にかかわる葬儀業、宗教家に対しても、自戒の念をこめて「人を弔う」者として、葬儀について再度見直し、今後の葬儀のありようを提言したい、老舗として新たなブランディング戦略をとりたいと考えていました。

出版後は、一般のお客さまから、書籍で紹介した葬儀をしたい、葬儀について相談したいなどの多くの反響を得ることができました。想定外だったのは、業界団体や宗教団体からの講演依頼が非常に多かったということです。

ところが、出版による反響は、読者が十分理解した上での問い合わせであるため、具体性があり、営業効率もあがり、期待以上の販促効果が得られました。

老舗企業として葬儀業界に、一石を投じる役割を果たせた、また改めてブランディングできたことが大きな収穫でした。

出版を検討している企業へのメッセージ

経営活動の中では、日々の仕事に追われ、なかなか立ち止まって自社や業界の全体像を見渡したり、現状の問題点を見つめ直すことができないものです。

出版を機に改めてそういった機会を得ることができました。また、日ごろから新聞や書籍、業界資料などを整理しておくことの重要性を再認識し、意識して収集、整理するようになったため、以前よりも多くの情報が集まるようになっています。

このように出版作業は、「本を作る」のみならず、自らの経営の軌跡を振り返り、老舗としての立ち位置を再確認し、新たなチャレンジへのきっかけとなりますので、是非一度体験されることをお勧めします。

書籍の内容

<老舗企業の提案>

本書は創業130余年の老舗葬儀社社長が、バブル崩壊以降、異業種からの参入で専門知識の乏しい新規業者が横行する葬儀業界の実態を鋭く分析、問題点を浮き彫りにしています。荒廃する葬儀業界の現状を打破するための解決方法として、一般消費者がどのように葬儀社を見極めるべきかのポイントを示すとともに、これからの新しい葬儀のあり方についても提言。葬儀の是非が問われるいま、「葬儀の現場を知り尽くした」著者によって、葬儀業界の真実が語られます。

書籍紹介

書籍名

『だから、葬式は必要だ。』

初版発売日

2010/6/29

価格

1200円(税抜)

書籍分類

単行本

企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連する事例

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら