• ホーム
  • 事例
  • 相続税の税務調査対策の専門家としての信頼獲得に成功

事例

amazonランキング 相続・贈与税カテゴリーで1位獲得! 相続税の税務調査対策の専門家としての信頼獲得に成功!!

相続税の税務調査対策の重要性をもっと多くの方に知って欲しいと考えていました。そのために相続税の税務調査をテーマにした相談会を定期的に開催しており、その反応から税務調査への関心の高さには気づいていましたが、相談会にお越し頂ける方はごく一部の方に限られていました。
税務調査について多くの方に知っていただきたいと思案するものの、相談会での集客には限度がありました。

そこへ幻冬舎から書籍出版の提案を受けました。書籍を出すことで相談会を開催する以上に多くの方に事実を知ってもらえるのではと考え、制作を決意しました。当時の税務調査の書籍は法人税の税務調査ばかりで、相続税の税務調査に絞り込んだ書籍がほとんどなかったため、このテーマの書籍が出たら面白いのではと期待できたことも制作を決めた理由です。

服部 誠氏

税理士法人レガート代表社員・税理士。昭和34年1月生まれ。中央大学商学部卒。昭和58年6月税理士登録。人と人とのつながりを大切にした「誠実な対応」「迅速な対応」「正確な対応」をモットーに、税・財務の専門家として、個人の資産運用や相続・事業承継に関するコンサルティング、相続申告業務において多数の実績を持つ。相続申告・贈与申告・譲渡申告等の関与件数は1000件を超え、その経験を基に雑誌などのメディアや書籍の執筆活動なども行っている。

出版後の効果

出版後、書籍を読んだことをきっかけに相続税の税務調査対策に関するご質問や、面談希望などのお問い合わせを多数いただきました。

お問合せの中には、相続の申告から全て頼みたいというご依頼や、地方の方から「まさに税務調査が入ろうとしている。その立会いをして欲しい。」というご相談もいただきました。遠く離れたエリアからもこういったご相談を受けることで、読者の方から税務調査のスペシャリストとして認識して頂けたことを実感しています。また、amazonの相続・贈与税ジャンルで1位を長期間続けて取り、その後も10位以内、下がったときでも20位以内には書籍がランクインしています。相続・贈与税関係で情報を必要とする方がamazonで本を探す際に、自分の本を見ていただけるのは嬉しいですね。

出版を検討している企業へのメッセージ

本を読んだ方からのお問い合わせは、通常の施策で獲得するものとは全く異なります。初回面談からクロージングに至るまでに必要な情報は、書籍を通じて伝えられているからです。これは他の広告媒体にはない魅力だと思います。ターゲットに対しピンポイントに自社の魅力を伝えたいのであれば、書籍に代わるツールはないのではないでしょうか。

企業出版成功事例集ダウンロードはこちら
関連する事例

カテゴリで絞り込む

社史・周年史をつくる
メールマガジンを登録する