株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング

仕事を知る仕事を知る BUSINESS

幻冬舎メディアコンサルティング
《流通管理》

OUR MISSION

書籍と読者を引き合わせ、クライアントが設定したゴールに向ける―それが私たちの仕事。書籍と読者を引き合わせ、クライアントが設定したゴールに向ける―それが私たちの仕事。

私たちは、過去のデータや実績をもとに、「徹底的に売る」ための戦略を立案します。各書店の特徴や客層など細かいところまで考え抜いた配本戦略により、ターゲットとなる読者の手元へ書籍を確実に届けているのです。また、データだけでなく、実際に書店へ足を運び、書店員とのコミュニケーションを取ることで書店展開に繋げています。

  • 読者への重要な架け橋となる書店戦略のエキスパート。
  • 自分達の判断一つで書籍の売れ行きが大きく変わる。
  • 書籍との出会いを創出し、読者の人生をより充実させることに貢献できる。

ONE DAY SCHEDULE

  • 9:30
    プロモーション部との合同朝礼
    書籍の配本は新聞広告掲載などのプロモーションと深く関係します。
    こまめに情報を共有し、配本戦略を練ります。
  • 10:00
    書店へ架電
    新刊の販売状況確認と書店へ架電。
    書籍の売り伸ばしには正確なデータ集計が欠かせません。
    データを基に販売ルートを考え、書店にアプローチすることで、その後の販売数は一変します。
  • 12:00
    流通戦略を立案
    これまで出してきた類書のデータや、各書店の特性などから、どの書店にどれくらいの冊数を配本するかを考えます。自分の判断一つで販売冊数が大きく伸びる、責任とやりがいのある業務です。
  • 14:00
    昼食
    後輩を連れてお気に入りの蕎麦屋へ。
  • 17:00
    書店訪問
    書店への営業は書店員さんとの信頼関係があってこそ。自分が出版社の代表者という意識を持って、直接ご挨拶へ行き、各書籍がターゲットの目に留まるよう配本の交渉を行います。
  • 18:00
    会議
    売れ行き好調書籍の販売状況を精査して、重版候補銘柄の検討を行います。
  • 19:00
    日報
    明日の業務確認や訪問スケジュールを立てながら日報を書きます。
幻冬舎メディアコンサルティングのサイトはこちら

Entry 採用情報

幻冬舎メディアコンサルティンググループの
新卒採用/キャリア採用のご応募は、こちらからお願いします。

PAGETOP