出版前の状況

「採用ブランディング」という言葉の認知度は、企業経営者のなかでもまだ高くないでしょう。
そういう状況下でセミナーを開催しても、問い合わせは少なく、来場していただいても商談につながることはまれでした。

かねてより「中小企業の人材難を解消したい」という強い気持ちから「採用ブランディング」という方法を提唱していましたが、残念ながら企業経営者の方々にはその想いが届いていないのが現実でした。


そんな折に提案を受けたのが、幻冬舎MCからの出版です。
まずは「採用ブランディング」がどういうものか知らしめるところから始めなくてはならないと感じていた我々にとって、タイミングといい手段といい、出版こそ最適な手段でした。

出版後の反響

出版の効果は絶大で、セミナー開催→アンケートで興味の度合いを確認→アポイント→商談という流れを確立。

これまでは、こちらから訪問し、事業の説明をしたうえでようやく交渉が始まるという流れが一般的でしたが、その工程短縮にも書籍は大いに貢献してくれました。

つまり、見込み顧客が書籍を通じて弊社の事業内容を把握し、必要性を感じてくださるようになったため、スムーズに商談に辿り着けるようになったのです。
また、商談の成功率も格段に向上。
商談をさせていただいた方の実に9割程度がご成約くださっている、といっても過言ではありません。

さらに、講演依頼を受ける機会も増えました。
依頼者は、同業他社からまったく異なる業種の方々までさまざまです。
想像以上に幅広い層へ、弊社の事業が知れわたったのだと実感しております。

出版を検討している企業へのメッセージ

「志をビジネスにのせる」

私はそう表現していますが、恐らく企業を経営している方であれば、皆それぞれ事業にかける熱い想いや志があると思います。

たとえば、困っている人を助けたい、より良い世の中にしたいなどといったものです。
そうした想いを発信するうえで、書籍にまさる表現媒体はないと思います。
圧倒的な情報量で、読む人に深く鋭く刺さる書籍。
それはまさに、“大きなエネルギーを持った名刺”とでもいうべきでしょう。


出版にあたって、幻冬舎MCのブランド力、また最前線を走る出版社ならではのスタッフの厚みには改めて驚かされました。


今回、我々の“志や想い”というものを、「本」という形にして多くの方に届けることができました。
どうしても世の中に伝えたいという想いがあるのであれば、一度出版してみてはいかがでしょうか。

【「思考」「学び」「対話」「支援」 育成にまつわる4つのテーマでアタマを刺激する“考える本” 】

社会人の育成。 企業などでは当たり前に言われることだが、ふと立ち止まって考えてみると、なんだか疑問が浮かんできたりしないだろうか? 考えられる社会人ってなんだろう。社会人にとって学びとはどういうものだろう。それを支援する役割とは、どういうことだろう。 キャリア25年の研修講師の問いかけから、読者それぞれの“そもそも”が見えてくる。

●contents●
第1章:「思考すること」を考える
第2章:「学び」とは何かを考える
第3章:「対話」の意義を考える
第4章:「支援」の本質を考える

昨今、食品の産地偽装など真実を軽視した事件が多発するなど、日本人が大切にしてきた道徳を度外視して、ひたすら利益を追求する風潮がまかり通っています。そこで「騙す・騙される」の海千山千の質屋業界において絶大な支持を集める原幸雄が、質屋の目利きを体系化し昇華させた「真贋力」を用いて、欺瞞に満ちた現代社会をヒト・モノ・カネで切っていきます。

PICKUPセミナー・相談会
MEETING

その他のセミナー・相談会はこちら