知らしめる(広告・パブリシティ戦略)

企業出版(ブランディング出版):HOME > 企業出版サービス案内 > 幻冬舎ブランドの特徴 > 知らしめる(広告・パブリシティ戦略)

幻冬舎ブランドの特徴 - 知らしめる(広告・パブリシティ戦略)

幻冬舎メディアコンサルティングは、
書籍とその著者の広告宣伝活動を専任で行うプロモーション部を有しており、
営業担当や編集担当、流通管理部と連携して貴社書籍のプロモーションを企画立案・実行しています。

プロモーション部は、
書籍出版の2~3ヶ月前にクライアントとプロモーションのキックオフミーティングを行い、
書籍出版の目的やターゲット、商圏を改めてヒアリングした上でプロモーション戦略を立案します。

新聞、TV、雑誌をはじめとする各種媒体への
パブリシティ活動も実施します。

新聞、TV、雑誌にも働きかけを行い、記事や書評での紹介を促進していきます。

パブリシティ活動について
新聞・雑誌・TV・WEBなど、書籍のテーマ、ターゲットに応じてアプローチする媒体を選定し、
専任スタッフが媒体担当者へ無償掲載・取材を呼び掛けます。


新聞広告について
書籍購読層とターゲットが一致する新聞広告。
多くの人の目に留まるため購買数の飛躍的増加が見込めます。
また、書店員への認知促進にも繋がり、書籍をより多く書店へ流通させる効果もあります。
「ランキング実績」を広告に盛り込むことで、より高い広告効果を狙うことも可能です。


書店有償展開について
複数の書店で大規模展開を行うことにより、店頭での話題感を醸成します。
書籍ターゲットがよく集まる店舗、顧客が多く住む地域にある書店など、
エリアを絞り込むことにより効率的にターゲットに対してアプローチすることが可能です。


書店広告展開について
店舗入り口の看板や店内ポスター、POSサイネージ等を行い、店頭での話題性を醸成します。
書棚でも書籍の平積み・面だしで展開し、来店者とのタッチポイントを増やして
書籍を手にとってもらいやすい環境をつくります。


サービス案内資料のご案内

より詳しいサービス内容を知りたい方は以下フォームよりサービス案内資料を
ダウンロード頂き、ご参照ください。

 

成約

 

その他ご案内資料のダウンロードはこちら

企業出版をご検討中の方へ

お問い合わせ・資料請求


見積り依頼