企業出版(ブランディング出版):HOME > セミナー > 経営者・不動産オーナー必聴! 家族が認知症になっても安心の“最新”相続対策術 ~「家族信託」で実現する資産管理・承継対策の方法~

経営者・不動産オーナー必聴!
家族が認知症になっても安心の“最新”相続対策術
~「家族信託」で実現する資産管理・承継対策の方法~

認知症の人口は700万人とも言われ、2025年には高齢者の5人に1人が認知症になるといわれてます。

認知症になってしまうと、保有資産の売買が一切できなくなり、資産が凍結されてしまいます。
いつかやろうとしていた相続対策がまったくできなくなってしまうのです。そればかりか、自宅を売却して 介護施設の入居費用にしようと計画していても、肝心の本人が認知症になってしまうと自宅は売却できず、 介護施設への入居費用も捻出できません。

だからこそ、認知症になる前に、介護準備などに加え自身の資産内容を整理し、 資産規模と相続までの想定時間に見合った最適な相続対策を行なう必要があるのです。

こうした認知症に対する解決策としていま注目を集めている対策が「家族信託」です。
さらに、家族信託は認知症対策だけでなく企業経営の事業承継対策としても、実は大変有効です。

そこで、今回のセミナーでは第一部に、 相続対策や事業承継対策として、徐々にその有効性が注目されている
「家族信託」について解説します。

遺言書や成年後見等と何が違うのか?そのメリット・デメリットとは?
プロの専門家に、「家族信託」を活用した相続対策のノウハウ、 考え方や対策後の対応まで、
余すことなく語っていただき、その有用性をお伝えいたします。

そして、第二部では、実際の家族信託の活用事例についてご紹介します。

経営者の方であれば、ご自身に万が一のことがあったときや認知症になってしまった場合の
会社経営が心配ですよね。
また、株式の贈与と譲渡では税金問題が気になるというケースでも家族信託は威力を発揮します。
不動産オーナーであれば、ご自宅はもちろん収益不動産を円滑に次世代に引き継ぐことが可能です。
こうした具体的な活用事例をもとに、個別ケースに応じた家族信託の活用法ついて
わかりやすくお伝えしていきます。

本セミナー終了後には、個別のご相談の予約を承ります。
ご自身のケースに当てはめた具体的な相続についてお聞きになりたい方は、 是非この機会をご利用下さい。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

※内容の一部が変更になる場合がございます。

≪セミナー概要≫

第1部  『認知症にも対応可能!新しい相続対策のカタチ「家族信託」のすべて』
講師: 株式会社日本財託 資産コンサルティングチーム 横手 彰太氏

第2部 『経営者・不動産オーナーに効果抜群!家族信託の活用事例』
講師: 株式会社日本財託 横手 彰太氏

講師紹介

株式会社日本財託  
資産コンサルティング部 資産コンサルタント 横手 彰太

大学卒業後、スペイン留学を経て大手上場企業に就職、海外勤務を中心に活躍。 その後、独立し北海道で飲食店経営。 日本財託に入社後、お客様の資産運用や相続対策コンサルティングなど中心に行い、家族信託、資産運用のセミナー講師も務める。
異色の経歴を活かしたホスピタリティー精神とお客様視点のコンサルティングが好評。数多くのお客様から支持を受ける。家族信託協会に所属し、家族信託のコーディネーターとして活躍中。
資格:家族信託コーディネーター、NPO法人相続アドバイザー協議会認定会員、宅地建物取引士。

 

 

セミナー詳細

主催: 株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング
開催日時: 2016年5月15日(日)
12:30 開場(受付開始)
13:00 第1部講演開始
13:50 第1部講演終了休憩
14:00 第2部講演開始
14:40 第2部講演終了
14:50 個別相談
場所: 幻冬舎 1号館セミナールーム
(東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目9番7号)
 東京メトロ副都心線北参道駅1番出口より徒歩1分
 JR代々木駅・千駄ヶ谷駅より徒歩7分

※会場に駐車場、駐輪場はございません。

参加費: 無料
定員: 30名

申し込みはこちら

開催予定セミナー一覧はこちら