企業出版(ブランディング出版):HOME > セミナー > 【終了】幻冬舎×最新医療「打つ手がない」では終わらせない!三大療法に次ぐ“がん治療”の最先端 ~進行がん・再発・転移がんにも効く最新の免疫細胞療法~

【終了】幻冬舎×最新医療
「打つ手がない」では終わらせない!
三大療法に次ぐ“がん治療”の最先端
~進行がん・再発・転移がんに効く最新の免疫細胞療法とは~

「打つ手がない」では終わらせない!三大療法に次ぐ“がん治療”の最先端 ~進行がん・再発・転移がんにも効く最新の免疫細胞療法~

現代の日本において、最も多い死因は「がん」。
今や、日本人の2人に1人ががんにかかり、そのうち3人に1人が死亡すると言われるほど、
がんは大きな社会問題に発展しています。

そんながんの治療法として、これまで中心になっていたのが、「外科手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」の“三大療法(=標準治療)”。
がんに対する知識が少ない方でも、これらの名前はご存知でしょう。
たしかに、がん治療において三大療法は高い効果を発揮し、これまでに数えきれない程の患者さんがこれらの治療を受けてきました。

しかし、三大療法も全てのがんに対して有効なわけではありません。

例えば、三大療法は「末期がん」や「再発・転移がん」に対する適応がなかったりあるいは効果が低く、「打つ手がない」として余命だけを宣告されるケースも多いのです。
また、三大療法のうちの抗がん剤治療が身体に与えるダメージは大きく、かえって寿命を縮めてしまうこともあります。

このような環境の中で、新たながん治療として今注目を集めているのが、三大療法に次ぐ「第四の治療法」として知られる、免疫細胞療法。中でも、特に期待が高まっているのが「高活性化NK細胞療法」です。

高活性化NK細胞療法は、再発がんや転移がんにも効果が高いとされており、「免疫サプリメント療法」や「超高濃度ビタミンC点滴療法」との併用も可能なことから、標準治療が効かず「打つ手がない」と告げられた患者の間で期待されているのです。

また、免疫細胞療法には副作用がほとんどなく、免疫力を向上させるという特徴により、がんの再発・転移を防いだり、
三大療法による体へのダメージを最小限に抑える効果もあるのです。

そこで今回のセミナーでは、2014年に『高活性化NK細胞で狙い打つ 究極のがん治療』を出版され、多くの反響を呼んでいる医療法人輝鳳会から注目の講師を招き、特別セミナーを開催いたします。
本セミナーの講師は、横浜クリニックの院長であり、「“あきらめない”がん治療」をテーマにNK細胞に特化した高度な免疫細胞療法と、東洋医学の自律神経免疫療法を組み合わせた最先端の複合型がん治療を行っている青木晃氏。
これまでのがん治療や、高活性化NK細胞療法を活用した最新のがん治療、そして「がん大国」である日本で生きる上で知っておくべき、がんに纏わる様々な情報をわかりやすく解説します。

この機会に、がんについて知り、医学の進歩と最先端のがん治療に関する知識を深めてみませんか?
当日は、青木院長による質疑応答の時間も設けておりますので、是非この機会をご活用ください。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

※内容の一部が変更になる場合がございます。
※参加者の皆様には当日、講師の著書プレゼントがございます。

 

 

セミナー構成

『希望を捨てないで!がん治療の現状と最新の免疫細胞療法』
講師:青木 晃氏

 

講師紹介

青木様

医療法人輝鳳会 横浜クリニック 
院長 青木 晃 (あおき あきら)(ウェブサイト)

防衛医大医学部卒
横浜クリニック院長
元順天堂大学大学院加齢制御医学講座准教授
日本健康医療学会常任理事
日本抗加齢医学会評議員
日本内科学会認定内科医
日本抗加齢医学会専門医
日本健康医療学会認定医

 

セミナー概要

主催: 株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング
開催日時: ①2015年6月11日(木) / ②2015年7月9日(木)
17:30 開場
18:00 講演開始
19:30 講演終了・質疑応答(質問会)
20:00 終了
場所: 幻冬舎 1号館セミナールーム
(東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目9番7号)
 東京メトロ北参道駅より徒歩1分
 JR代々木駅・千駄ヶ谷駅より徒歩7分

※会場に駐車場、駐輪場はございません。

参加費: 無料
定員: 20名

開催予定セミナー一覧はこちら