企業出版(ブランディング出版):HOME > セミナー > 【終了】幻冬舎主催セミナー 「打つ手がない」で終わらせない!三大療法に次ぐ“がん治療”の最先端 ~進行がん・再発・移転がんに効く最新の免疫細胞療法とは~ 『高活性化NK細胞で狙い打つ 究極のがん治療』出版記念セミナー 【3/17(火)・4/8(水)】

【終了】幻冬舎主催セミナー
「打つ手がない」で終わらせない!
三大療法に次ぐ“がん治療”の最先端
~進行がん・再発・移転がんに効く最新の免疫細胞療法とは~
『高活性化NK細胞で狙い打つ 究極のがん治療』出版記念セミナー【3/17(火)・4/8(水)】

『高活性化NK細胞で狙い打つ 究極のがん治療』出版記念セミナー

(こちらのセミナーは終了いたしました)

前回、大変多くの反響を頂いた出版記念セミナーを、再び幻冬舎で開催致します!

現代の日本において、最も多い死因は「がん」です。
今や、日本人の2人に1人ががんにかかり、そのうち3人に1人が死亡すると言われていますが、
これから本格的な高齢化が進む「がん大国」の日本においては、「打つ手がない」では済まされない事態が多分に発生することが予想されています。

このような環境の中で、新たながん治療として今注目を集めているのが、外科手術、抗がん剤、放射線の「三大療法」に次ぐ「第四の療法」として知られる免疫細胞療法です。

そして、その中でも特に期待が高まっているのが「高活性化NK細胞療法」です。

高活性化NK細胞療法は、再発がんや転移がんにも効果が高いとされており、「免疫サプリメント療法」や「超高濃度ビタミンC点滴療法」との複合も可能なことから、三大療法が効かず「打つ手がない」と告げられた患者の間で期待されているのです。

今回のセミナーでは、池袋クリニック院長であり、「あきらめないがん治療」をテーマにNK細胞に特化した高度な免疫細胞療法と、東洋医学の自律神経免疫療法を組み合わせた最先端の複合免疫療法を行っている甲陽平氏を招き、これまでのがん治療や、高活性化NK細胞療法を活用した最新のがん治療、そして「がん大国」である日本で生きる上で知っておくべきがんに纏わる様々な情報を、徹底解説致します。

この機会に、がんについて知り、医学の進歩と最先端のがん治療に関する知識を深めてみませんか。

尚、今回はお問い合わせ多数のため日程を2日間ご用意致しました。
都合、体調に合わせ、お日にちをお選び下さい。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

※内容の一部が変更になる場合がございます。
※参加者の皆様には当日、講師の著書プレゼントがございます。

 

セミナー構成

「がん治療の現場と最新の免疫細胞療法」
講師:甲陽平氏

 

講師紹介

甲様

 甲 陽平(かぶと・ようへい) (ウェブサイト)

池袋クリニック院長。1997年、京都府立医科大学医学部卒業。東京女子医科大学病院日本心臓血圧研究所循環器外科入局。山梨県立中央病院、NTT東日本関東病院勤務。2010年、池袋がんクリニック開院。現在は名称を変更し池袋クリニック。2014年 医療法人輝鳳会 理事長 就任。

「あきらめないがん治療」をテーマに、NK細胞に特化した高度な免疫細胞療法と、
東洋医学の自律神経免疫療法を組み合わせた、最先端の複合がん治療を行っている。

 

セミナー概要

主催: 株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング
開催日時: ①2015年3月17日(火) / ②2015年4月8日(水)
17:30 開場
18:00 講演開始
19:50 講演終了・質疑応答
20:00 終了
場所: 幻冬舎 1号館セミナールーム
(東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目9番7号)
 東京メトロ北参道駅より徒歩1分
 JR代々木駅・千駄ヶ谷駅より徒歩7分

※会場に駐車場、駐輪場はございません。

参加費: 無料
定員: 20名