企業出版(ブランディング出版):HOME > セミナー > (終了)幻冬舎主催「不動産物件の育て方 ~豊かな資産価値のために~ コミュニティ・修繕・管理・防災で変わるあなたの不動産価値 『マンション管理組合 理事になったら読む本』出版記念セミナー」

(終了)幻冬舎主催
不動産物件の育て方
~豊かな資産価値のために~
コミュニティ・修繕・管理・防災で変わるあなたの不動産価値
『マンション管理組合 理事になったら読む本』出版記念セミナー

不動産物件の育て方 ~豊かな資産価値のために~ コミュニティ・修繕・管理・防災で変わるあなたの不動産価値 『マンション管理組合 理事になったら読む本』出版記念セミナー

(こちらのセミナーは終了いたしました)

不動産物件をお持ちの方は何を基準にその価値を見定めるのでしょうか。

立地、広さ、収益性、メンテナンス性・・・?
理由や観点は人それぞれにせよ数十年先のことにまで考えが及ぶオーナーはそう多くはないのかもしれません。
実際に自分が暮らすわけではなくあくまで投資用として捉えているのであれば尚更、目先の利回りにばかり目が行き、住み心地など利用者(顧客)のニーズや長期的な安定性にまで意識がおよばないかもしれません。
一方、自宅としてマンションや一戸建てを購入した方は、自分が不動産オーナーであるという考えにはなかなか至らず資産価値に対する意識も希薄になりがちです。

不動産の資産価値は、新築、中古などの物件そのものの価値に留まらず、その不動産を取り巻く環境次第で大きく変わってきます。例えば今流行りのデザイナーズマンションであっても、10年も経てば時代遅れなものになってしまいます。本当の意味で資産価値の高い不動産物件というものは、建物を永く維持していくための修繕計画や利用者の安全面に配慮した災害対策、入居者同士や地域とのコミュニティなどの社会的環境(生活価値)と、物理的環境(物件価値)の両方がバランスして初めて生まれるものなのです。

本セミナーでは、これまで多くの集合住宅建築や修繕に関わってきた一級建築士事務所、株式会社翔設計より代表取締役の貴船美彦様をお招きし、不動産物件(マイホームを含む)のオーナー様にご自身の建物の資産価値を永く保っていくための考え方を、具体的な事例を挙げながら詳しくお話しいただきます。

不動産価値というものは、オーナーの考え方や取り組み方で変わるものであり、それは育てていくものであると貴船様はおっしゃいます。

本セミナーは、テナントビル・投資用マンション・賃貸マンション等のオーナーをはじめ、持ち家をお持ちの方など、物件を所有する全ての方にとって、必ずや有用なお話となることでしょう。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

※内容の一部が変更になる場合がございます。

講師紹介

貴船美彦氏

株式会社翔設計 代表取締役 貴船美彦氏

一級建築士。1953年生まれ。
東京電機大学建築学科を卒業後、大手設計事務所を経て1985年に独立。現在の会社の前身となる設計事務所を設立。2年後に株式会社とし、同社の代表取締役を務める。建築総合コンサルティング業を営む同社の改修設計事業部では、マンションやテナントビル等の修繕コンサルティングをオーナーに対して行っており、関東を中心に、これまでに携わった修繕コンサルティング件数は約400件におよぶ。他、旧第一生命館、横浜市開港記念会館、東京体育館などの歴史的建造物の保存建築事業にも多数携わる。

 

貴船美彦氏

プリンシプル・コンサルティング・グループ プリンシプル住まい総研
所長 上野典行氏

1964年生まれ。
慶応義塾大学法学部政治学科卒業後、株式会社リクルート入社。求人広告の営業・制作を経験の後、リクルートナビを開発。2002年より住宅情報タウンズのフリーペーパー化を実現し、編集長に就任。その後、住宅情報マンションズ初代編集長を務め、現スーモも含めた商品・事業開発責任者に従事。2008年より賃貸営業部長となり、2011年12月同社を退職し、プリンシプル・コンサルティング・グループにて2012年1月より現職。AllAboutガイド「賃貸」「土地活用」。全国で講演・執筆・企業コンサルティングを行なっている。