企業出版(ブランディング出版):HOME > セミナー > 不動産投資の常識を疑え!
30年で総資産1億円を目指す逆張り投資セミナー

不動産投資の常識を疑え!
30年で総資産1億円を目指す逆張り投資セミナー

30年で総資産1億円を目指す逆張り投資セミナー

【2017年9月30日(土)開催 13:00~15:00】

※こちらのセミナーは終了しました

本セミナーオススメのポイント
不動産投資の魅力について知ることができます。
不動産投資の基礎知識をしっかり学べます。
不動産投資で失敗しないための物件選定術を学べます。
築古、1棟マンション投資のメリットがわかります。
投資を行う際の金融機関との上手な付き合い方について知ることができます。

不動産投資は今や始めやすい投資の一つであり、
サラリーマン大家やオーナー主婦といった一般の投資家が年々増えてきております。
それでも多くの方が「資産形成に至るまでの過程を想像できない」
「結局は投資なのだから失敗したら損をする」と危惧されているのではないでしょうか。

確かに不動産投資にはリスクがあります。
しかし、株式やFXには「運」の要素が強いのに対し、
不動産投資のリスクは「回避できるもの」と「考える必要のないもの」
に分けることができるため、「運」の要素を限りなく小さくすることができます。

また、不動産は「アパート」「マンション」「新築」「中古」「一棟」「区分」などに
分類でき、さらに立地やデザインなどの特徴によっても「家賃」や「利回り」といった
キャッシュフローが変化してきます。
したがって、“物件選び”は不動産投資で収益を上げるための最も鍵となる部分となります。

そこで今回のセミナーでは、
不動産の売買から、運用、管理までをワンストップで行うことで、
ストレスフリーな不動産投資を提供している
カイロスマーケティング株式会社 CEO高桑良充氏を講師にお招きし、
「投資用物件の選定基準」「徹底分析によるリスク管理方法」
「金融機関との上手な付き合い方」など不動産投資の基礎をお話いただきます。

さらに、最も鍵となる“物件選び”の方法に関しては、
投資用物件が飽和している今を勝ち抜くための【逆張り投資方法】について詳しくご解説いたします。

高桑氏が提唱する「逆張り投資方法」とは

  • 区分所有マンションではなく、「1棟マンション」を選べ!
  • 新築・築浅物件ではなく、「築古物件」を選べ!
  • エリアは1等地ではなく、「2等地・3等地」を選べ!

多くのリピーターを生んだ高桑氏直伝の投資戦略を、身に付けてみてはいかがでしょうか。

今まで考えていた不動産投資の常識は、これからは通用しないかもしれません。
新たな投資戦略を得るための機会をお見逃しのないようにしてください。
皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

※内容の一部が変更になる場合がございます。
※同業者の方のご来場はお断りしております。
※会場内に喫煙所はございません。喫煙はご遠慮いただいております。

講師紹介

高桑良充

講師 高桑良充
プロフィール
カイロスマーケティング株式会社 代表社員
【ウェブサイト】

1981年東京世田谷区生まれ。都心、城南エリアを中心とした住宅系仲介業・賃貸管理業を経て、収益不動産を活用した中小企業への財務戦略の提案を行う。業務の中で、収益不動産における資金調達の優位性や内部留保資産の形成効率化を実証し、企業活動の健全化に貢献。そのノウハウを、個人にも応用できると考え、2013年カイロスマーケティング株式会社を設立。個人の投資家に対し独自の取得戦略により不動産保有の効率を改善し、同時に生活コストなどの様々なコストの軽減に貢献。不動産キャリアの中で一般の投資家が求める物件と、保有不動産として成功を収めている物件が必ずしも一致しないことに気づき、収益効率を優先させた取得戦略が、本来の収益不動産のメリットが最大化すると考え実践。現在、クライアントの8割以上がリピートしている。

セミナー詳細

主催: 株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング
日時: 2017年09月30日(土)
12:30 開場(受付開始)
13:00 講演開始
14:00 講演終了・個別相談開始
15:00 個別相談終了
場所: 株式会社幻冬舎 1号館B1F セミナールーム
(東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目12番6号)
 東京メトロ北参道駅より徒歩1分
①1番出口を出て、左手に進みます。
②2つめの路地を左に曲がり、まっすぐに進みます。
③手前から3号館、2号館と続き、道路を挟んだ向こう側が1号館になります。

※会場に駐車場、駐輪場はございません。

参加費: 無料
定員: 20名
※お客様用の筆記用具、メモ用紙、飲料水をご用意しております。

開催予定セミナー一覧はこちら

フェイスブック始めました