企業出版(ブランディング出版):HOME > セミナー > 「所得税」・「相続税」大幅減!
一生減らない〝資産〟を築く、最強の投資戦略
~ETF・ヘッジ付き外債の購入・法人化による評価額引き下げ~

「所得税」・「相続税」大幅減!
一生減らない〝資産〟を築く、最強の投資戦略
~ETF・ヘッジ付き外債の購入・法人化による評価額引き下げ~

【4月23日(日)開催 13:00~14:30】

4月23日(日)
お申し込みはこちら
本セミナーオススメのポイント
富裕層の資産を取り巻く環境の変化について聞くことができます。
今の時代に適した資産管理の考え方を身に着けることができます。
インフレリスクから資産を守る運用戦略について知ることができます。
セミナーご参加いただいた方には、もれなく講師著書 『超低金利・大増税時代の 資産防衛戦略』
を贈呈いたします!!

日本では、世界最高水準の所得税と相続税により、
資産の大半を「税金」として奪われ、
自身の資産を次世代に残すことが難しくなっています。

また、特に年収2,000万円以上・資産3億円以上の富裕層に対しては、
2016年から財産捕捉のための新制度が始まっており、海外資産移転をはじめ、
これまで有効だと考えられていた対策が通用しなくなっています。

これからの時代、資産を築くために考えるべきことは、
財産を増やすための「資産運用」と財産を減らさないための「税金対策」、
その両輪で最適な対策を実行していくことです。

そこで今回のセミナーでは、
2016年7月に『超低金利・大増税時代の資産防衛戦略』を出版し、
富裕層からの資産管理や税金対策に関する相談が殺到している
キャピタル・ソリューション株式会社 代表取締役の森秀光氏を講師に招き、
「富裕層の資産を取り巻く環境の変化」や「今の時代に適した資産管理の考え方」などの
基礎的な話題から、「相次ぐ増税のダメージを極限まで下げる税金対策」
「インフレリスクから資産を守る運用戦略」など専門的な話題まで、
富裕層が「運用」と「節税」によって長期にわたり
自身の資産を守るために必要なテクニックを、余すことなく解説いたします。

皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

※内容の一部が変更になる場合がございます。
※同業者の方のご来場はお断りしております。

セミナー詳細

主催: 株式会社 幻冬舎メディアコンサルティング
日時: 2017年4月23日(日)
12:30 開場(受付開始)
13:00 講演開始
14:30 講演終了・質疑応答
14:30 個別相談
15:00 個別相談終了
場所: 株式会社幻冬舎 2号館3F セミナールーム
(東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目9番7号)
 東京メトロ北参道駅より徒歩1分
 JR代々木駅・千駄ヶ谷駅より徒歩7分

※会場に駐車場、駐輪場はございません。

参加費: 無料
定員: 40名
特典: セミナーご参加いただいた方には、もれなく講師著書 『超低金利・大増税時代の 資産防衛戦略』
を贈呈いたします!!

キャピタル・ソリューション株式会社代表取締役
森 秀光氏 特別インタビュー

森 秀光

講師 森 秀光

プロフィール
キャピタル・ソリューション株式会社 代表取締役【ウェブサイト】
一橋大学経済学部卒。平成2年に野村證券入社。国内支店にて証券営業を担当後、 米国及び欧州の運用会社にて、証券アナリスト及びファンドマネジメント業務に従事。 平成9年より同社企画部門にて、国内支店のビジネス開発・営業支援業務に従事。 同時に個人富裕層向けの資産運用アドバイス、上場法人向けのコンサルティング業務に携わる。 平成26年より現職。有価証券だけでなく、不動産、自社株、相続・事業承継など、 多様な側面から顧客資産の分析を行い、最適な解決策を提供することを目指している。 資産運用のプロフェッショナルとして、幅広く講演、研修、セミナーを行っている。
≪主な著書≫
『超低金利・大増税時代の資産防衛戦略』(幻冬舎)
≪連載コラム≫
『お金のセオリー』(朝日新聞デジタル ウェブマガジン「&M」、
KDDI・テレビ朝日・朝日新聞社 au端末情報サービス「auニュースEX」)
『超低金利・大増税時代に資産を守り抜くための「税金対策」』(幻冬舎 GOLD ONLINE)

1.今回のセミナーテーマについて改めて教えてください。

今回のセミナーのテーマは、『一生減らない〝資産〟を築く、最強の投資戦略』です。
日本は諸外国と比較して超低金利・株安の状態が続いており、世界で最も資産運用が難しい国の一つとなっています。また、相続税をはじめとする資産税も、世界の中で最も高い税率となっており、次世代に財産を残すことも非常に困難なのです。こうした厳しい環境に負けることなく、着実に財産を築くための投資戦略と、築いた財産を残していくための対策をテーマとしました。

2.資産を守るために必要なこととは?

まずは「リスク許容度に合わせてインフレに負けない資産を保有しておくこと」
次に「中長期的な円安に備え、外貨建ての資産を持っておくこと」
そして「所得税、資産税のキャッシュアウトを最小限に抑えること」の3つです。
つまり、外的マイナス要因に負けない資産を持つことと、築いた資産を減らさないことの両方の視点が必要だということです。また、投資プランを設計するだけでなく、プランを着実に実行し、継続的にモニタリングしていくことがさらに重要です。特に資産家の場合、考慮すべきことが多岐にわたるため、伴走者となってくれる適切なアドバイザーが必要です。

3.人よって「資産運用方法」は変わりますか?変わるとしたら、なぜでしょうか?

人によって「資産運用方法」は変わります。運用方法が変わるのは、投資に対する「リスク許容度」に個人差があるからです。
「リスク許容度」は、年齢・投資期間・収入・保有資産額・投資経験・金融知識など様々な要因で測られます。ポートフォリオを設計する前に、どれだけリスクを受け入れられるかを測定し、運用を開始した後も、ライフイベントに応じて定期的に見直しをしていくことが重要です。投資においては、高いリターンを求めるなら高いリスクを許容する必要があり、一方でリスクを取りたくなければ低いリターンを受け入れるべきとされています。

4.普段やっているセミナーではどんな疑問を持った方がいらっしゃいますか?

ご自身の判断で投資を行っているものの、思うように成果があがっていない方や、資産運用を「金融機関に任せている」が、やはり思うように成果があがっていない方が中心のように思います。もちろん、これまで資産運用をやったことがないという方もいらっしゃいます。また、資産家向けのセミナーが多いことから、税金対策のノウハウについて関心をもたれる方も多いです。所得税や資産税を最小限に抑えるための手法を知りたいという方には、税務リスクを抑えた的確な手段を提供できると自負しています。

5.最後に、今回のセミナーへ参加される皆様へ一言お願いいたします。

低金利、インフレ、円安、財産捕捉体制の強化、増税といった要因によって、個人の資産価値が目減りするリスクが大きくなっています。何の対策もなく漫然と放置しておくのか、運用と節税の両面からしっかりと対策をとるのか、戦略と行動力の違いが、信じられないほどの差をもたらす時代といえます。「税理士や金融機関に任せているから大丈夫」という方は、その専門家がご自身にとって本当に必要なアドバイスを提供してくれているのか、考え直してみる必要があるかもしれません。本セミナーが、皆様の資産形成及び資産保全の一助になれば幸いです。

4月23日(日)
お申し込みはこちら

開催予定セミナー一覧はこちら